説話をつれて 京都古典漫歩 (京都書房ことのは新書)

著者 : 福井栄一
  • 京都書房 (2013年7月1日発売)
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763726100

作品紹介

鬼、祟り、人造人間、意地の張り合い、年の差婚、教科書では読めない説話集めました。

説話をつれて 京都古典漫歩 (京都書房ことのは新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【読了メモ】 (150918 20:30) 福井栄一 『説話をつれて京都古典漫歩』/京都書房ことのは新書/2013 Jul 1st

  • 京都の名跡とその場所を舞台にした古典の一節を紹介した一種の「聖地巡礼ガイド」本。文章は平易で中学生も十分読みこなせる程度。それぞれの地を訪問する際の予習に使うも良し、それぞれの古典に興味を持つきっかけとするも良し。中-高生が夏休みにちょっと読むのにちょうど良い。

全2件中 1 - 2件を表示

福井栄一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

説話をつれて 京都古典漫歩 (京都書房ことのは新書)はこんな本です

ツイートする