小雁の京都人の取扱説明書―いやいやかなんわぁものすごいこといわはる

著者 :
  • 京都新聞企画事業
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763806284

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偶然、図書館で発見。
    数日以内に京都へ行くので、借りてみました。

    あ、そうそう!そうなんだよねー。と、笑いそうになりながら読んだ私は、生粋の東京っ子です^^;

    京言葉、マスターしたいなー。。。

  • 京ことばっていいなぁ、私も話したいなと思う一冊。

  • 京都の事を京都の人が評価してるので、結局「京都バンザイ」で締めくくっている気配も(^_^;)
    京都人らしく「…って、誰々が言ってはりました」で落としといて欲しかったな~。
    内容は、京都の一般人とは違う世界観が垣間見えたりして、う~んかな。

  • 実家が中京区で友禅の仕事をしていたという小雁さんの「京都ってええなあっ」という本です。

  • 芸人さん視点のエピソード(兄・芦屋雁之介さんのこと、お茶屋さんのこと、京都の映画撮影所、等)が楽しめました。

    ご本人が描いた挿絵がいい感じです。見ていると小雁さんの笑顔が思い浮かびます。

  • 京都生まれ、京都育ちの著者による、京都についてのエッセイ
    著者は祇園で「一力」に通い、一戸建て一軒分くらい使ったそうで、
    夜の世界でのマナーにも触れている

  • お香講師の北林です。

    北林がおススメする今週の一冊は、
    いろいろとご縁を頂いている、芦屋小雁師匠の著作をご紹介。

    現在、朝の連ドラにも出演中の芦屋小雁師匠は、生粋の京都人。
    そんな師匠が「京都人ってどう付き合っていいか分からない」という
    方々のために筆をとられました。

    本のタイトルはずばりそのまま

    「小雁の京都人の取扱説明書
    -いやいやかなんわぁものすごいこといわはる」
    です!

    京都に来られて間もない方、何年も住んでいるけどやっぱり
    京都人のことが分からない方などなどにおススメです☆

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

神戸映画資料館名誉会長。喜劇俳優。
舞台公演・テレビ・ラジオなどで活躍。日本有数の映画コレクターとしても有名。
著書に『シネマで夢を見てたいねん』(晶文社)などがある。

「2013年 『大阪に東洋1の撮影所があった頃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦屋小雁の作品

小雁の京都人の取扱説明書―いやいやかなんわぁものすごいこといわはるを本棚に登録しているひと

ツイートする