ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘

  • 株式会社共同通信社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764103481

作品紹介・あらすじ

ヒトラーは勝利するところだった-もし、それを阻止する男、チャーチルがいなければ。西部電撃作戦から対ソ戦決定までの80日間を、雄渾かつ繊細に描く珠玉の歴史ドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヒトラーのイギリス観は単純ではない。ヒトラーはイギリスの協力、友好関係、あるいは最低限、中立を望んでいた。しかしイギリスに拒絶されると、それまで望んでいた歴史的和解が、敵意や嫌悪に代わっていくことになる。これを見ると、ヒトラーがイギリスと友好関係を望んでいたのは、冷徹な政治的打算によるものではないように見える。ドイツ国民の大半がそうであるように、ヒトラーは1940年まで、たしかにある種の劣等感をイギリス国民に対して抱いていた 。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1924年ハンガリー生まれ。1946年、共産化するハンガリーを離れ、アメリカに移住する。1947~94年までチェスナット・ヒル・カレッジ(Chestnut Hill College)歴史学部で教鞭をとったほか、ジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学、プリンストン大学などの客員教授を務めた。30冊を超える著書があるが、邦訳書として、『大過渡期の現代』(救仁郷繁訳、ぺりかん社、1978年)、『ブダペストの世紀末』(早稲田みか訳、白水社、1991年)、『ヒトラー対チャーチル』(秋津信訳、共同通信社、1995年)がある。また、近著には、Churchill: Visionary, Statesmen, Historian (New Haven, Conn.: Yale University Press, 2004), June 1941: Hitler and Stalin (Yale UP, 2006), The Legacy of the Second World War (Yale UP, 2010), The Future of History (Yale UP, 2011) などがある。

「2011年 『評伝 ジョージ・ケナン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・ルカーチの作品

ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘を本棚に登録しているひと

ツイートする
×