アフガニスタン [砂漠と炎熱と戦乱と人びと]

  • 株式会社共同通信社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764105164

作品紹介・あらすじ

新生アフガンを活写!乾いた砂漠に潜む地雷の恐怖。猛暑のなかで渇きと闘いながら時速20キロの中古車で街道2500キロを行く。アジアの旅の達人・下川裕治がカメラマンの阿部稔哉とともに硝煙いまだ残る荒涼の大地に決死の覚悟で挑んだ見聞録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今、アフガニスタンはどうなっているんだろうか。

  • 9・11以降、メディアで再び取り上げられるようになった
    国の本。

    文章だけでは、中々分からない事も多々ありますが、
    写真が豊富だったので、一部を垣間見えた気がしました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

下川裕治
1954年(昭和29)長野県生まれ。ノンフィクション、旅行作家。
慶應義塾大学卒業後、新聞社勤務を経てフリーに。
『12万円で世界を歩く』(朝日新聞出版)でデビューし、
以後、アジアを主なフィールドにバックパッカースタイルで旅を続け、
次々と著作を発表している。
『週末ちょっとディープな台湾旅』『週末ちょっとディープなタイ旅』(朝日新聞出版)
『東南アジア全鉄道制覇の旅』(双葉文庫)など、著書多数。

「2018年 『旅がグンと楽になる7つの極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下川裕治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アフガニスタン [砂漠と炎熱と戦乱と人びと]を本棚に登録しているひと

ツイートする