世界を変えた100冊の本

制作 : 別宮 貞徳 
  • 株式会社共同通信社
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (580ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764105294

作品紹介・あらすじ

古代から現代までの知の饗宴。孔子、プラトンからアインシュタイン、ケインズまで、人類の歴史に大きな影響をもたらした世界の名著100冊を、縦横無尽に論じた驚嘆のブックガイド。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 易経、旧約聖書、論語、アリストテレス、プラトンなどの不朽の書から、ゲーテ、カフカなどの哲学書、ニュートン、アインシュタイン、ダーウィン、デカルトなどの科学書、マルクス、毛沢東、スミスなどの政治・経済学まで、ズズ・ズイーっと幅広く100冊(もしくは100人)を選び出し、それぞれに深く鋭い解説、説明をしているのが本書である。哲学書や哲人に対しての文は、解説対象が難解なこともあり、理解困難。あまりお行儀が良くなかったり、影響力はあったものの著書の出来が悪かった人々に対しては罵詈雑言。褒める場合も、婉曲すぎてそれが褒め言葉なのかどうなのかよくわからない。ページ数も500を超え読むのに苦労するし、内容も解読が難しいとくれば、読むことに価値があるのかどうか。人にお勧めできない一冊である。

  • 欧米のインテリに勝つために本の概要だけでも知っておこうと思ったが、挫折した本です。この本を読みながら夏休みを過ごしたらさぞ昼寝が多くなりそうだけど必要な基礎教養が手に入れられるかも!?

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする