白川静 文字学入門 なるほど漢字物語

著者 :
  • 共同通信社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764106376

作品紹介・あらすじ

漢字は謎解き。その成り立ちが分かれば目からウロコの大発見。次から次へと理解が広がる漢字の世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 白川静に記事を書いてもらう付き合いの中から漢字について学んだ小山哲郎がわかりやすく漢字の成り立ちを説明している。白川静著作の本をさらにわかりやすく書いてあると言える。

  • 【新刊情報】なるほど漢字物語 821.2/コ http://tinyurl.com/bpf8lmb 漢字の成り立ちの秘密を解明した漢字学者・白川静の研究に基づき、漢字の仕組みを初歩から紹介。小学校で学ぶべき教育漢字をテーマに、イラストを用いて具体的に説明する。 #安城

  • 小山鉄郎 (著)
    「漢字は苦手! 」という人必読のガイドブックが誕生。

    10万部を超えるベストセラーとなった「白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい」(共同通信社)から6年、漢字本の新定番シリーズが誕生します。
    小学校で学ぶ身近な漢字100字をセレクトし、見開き完結で分かりやすく紹介。
    明快なイラストとセットで解説されているため、目からも漢字の体系を実感することができます。
    古代中国で生まれた漢字は、びっくりするような論理性に基づいて作られており、一度その流れをつかめば、もう漢字を覚えることは難しくありません。
    子どもから大人まで、楽しみながら覚えられる漢字の世界。
    全国の新聞社が連載し、好評を博した企画の単行本化です。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1949年生まれ。一橋大学卒業、73年共同通信社入社。84年から文化部で文芸欄、生活欄などを担当。現在、同社編集委員兼論説委員。白川静に学んだ文字学の基礎を2003年より10年以上にわたり新聞に連載。その功績等により、13年度日本記者クラブ賞受賞。著書に『村上春樹を読みつくす』(講談社現代新書)、『白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい』『白川静さんに学ぶ 漢字は怖い』(ともに共同通信社/新潮文庫)、『白川静文字学入門 なるほど漢字物語』(共同通信社)、『大変を生きる――日本の災害と文学』(作品社)など。

小山鉄郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする