にげましょう 災害でいのちをなくさないために

著者 :
制作 : 河田 惠昭  GK京都 
  • 共同通信社
3.25
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764106468

作品紹介・あらすじ

巨大津波や大型台風、原発事故…災害列島に生きる私たちは1分1秒が生死を分けることを知らされました。いのちは尊く、生きることは大切です。にげることは生きること。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「にげることは生きること」これが本書の最大のテーマ。
    何か予兆があればためらわずにげましょう、それが命を守ることに繋がります、ということを、単純なイラストとごく短い言葉で伝えている。
    豪雨や地震、竜巻など、災害の種類ごとに簡単な被害の想定や、過去の被害状況などもまとめられており、そのシンプルさが啓蒙の役割を強く果たしている。
    漢字にはふりがながふられており、小学校高学年くらいから読めそう。災害時の行動について、子供たちに考えてもらう資料としてもいいかもしれない。

    だが、本書で繰り返し述べられている「〇○が起きています。にげましょう」という判断は、実は簡単なようで難しい。つい、自分は大丈夫、とか、何も起こらない、と考えてしまいがちだ。
    だからこそ著者は、呼びかけをごくシンプルにすることで、そのおごりに気づき、自分の命を守るための適切な素早い避難を肝に銘じてほしくて本書をつくったのだと推測するが、ちょっとこれも「にげましょう」で済ますのはどうかな…?というものも中にはある。まあ、つまるところ「にげる」ことにはなるのだろうけれど…。

    という、若干の疑問もありつつも、一番怖いなと思ったのは巻末の「災害と死亡危険性の関係表」と「災害の危険評価表」。
    具体的にどのようなデータをもとにどのような評価を持って判断されてまとめられたのかは定かではないが、感覚的に納得できる結果。
    やはり豪雨や竜巻、噴火、津波などと比較してもダントツで危険度が高く、影響が長期に続くとしているのは原発事故である。
    この結果をどうみるか。
    今後の私たちの暮らしを考えるとき、原子力発電をどう考えていくのか。
    たまたま同時に読むことになったNHKの『マイケル・サンデル大震災特別講義』の内容も思い浮かべながら、もっともっと、専門家は言わずもがなだが、私たち一般市民も、自分のこととして考えていかなければならない問題だと改めて感じた。

  • 子供の災害時に分かりやすい絵本として借りました。
    分かりやすくていいと思います。

    ただ何でもかんでも闇雲に「にげましょう」という表現は
    どうかな・・・と思ったりんかして。

  • 逃げることは生きること
    ここに挙げられている例は災害だけれど、いじめにも当てはまるなと思った。
    分かりやすいイラストと共に、上手く逃げる(生きのびる)コツが解説してある。各災害ごとに災害の特徴を、写真や図で詳細に解説してある。
    お家に一冊、学校図書館にも一冊あると良い心構えが出来ると思う。

    5月に北朝鮮の弾道ミサイルに関する避難のお知らせが、職場で配布された時は、遂にこんな世の中になったのかと震えた。9月は全児童にお知らせが配布されることに。…平和って本当に尊い。子どもたちが守られますように。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】369.3||K
    【資料ID】91120852

  • 家に一冊おいておくのもオススメ。
     視覚的に理解しやすく、印象に残る。
    防災対策の理解に。

  • 2015/7/13

    369.3||カ (5階社会)

    いつ襲ってくるかわからない台風・集中豪雨・竜巻・地震・土砂災害・インフルエンザ・原発事故など自然災害と原発事故から生き残るための方法は「にげましょう」です。
    「にげることは生きること」
    その方法を学びましょう!!

  • 2014年6月28日

    デザイン/株式会社GK京都
    装丁/株式会社GK京都

  • 請求記号:369.3/Kaw
    資料ID:50075567
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • にげましょう。
    もし集中豪雨にあったら?地震にあったら?土砂災害にあったら?など遭遇するかもしれない緊急事態への備えをわかりやすく書いた絵本。

  • シンプルなフレーズの繰り返しで、説得力がある。

全15件中 1 - 10件を表示

河田惠昭の作品

ツイートする