教会に生きる喜び: 牧師と信徒のための教会論入門

著者 :
  • 教文館
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764261402

作品紹介・あらすじ

まことの羊飼いの声が聞こえていますか?

神を愛する信仰者の共同体でありながら、時に苦悩と躓きをもたらす地上の教会─。その本質と使命を聖霊論的な思索から問い直す「教会再発見」への旅。著者の深い神学的洞察と誠実な牧会経験から生まれた、新しい時代の教会論入門。

主イエス・キリストは私たちを捜し求め、見つけ出し、招き入れ、迎え入れてくださいます。これらの人々はみな、誰もが父なる神に愛され、み子イエス・キリストのいのちに生かされ、聖霊の励ましと慰めの中で生かされている大切な一人一人です。主イエス・キリストが、その名を呼んで招かれた、かけがえのない一人一人です。この一人が欠けてもキリストのからだは立ち上がることができません。かしらなるキリストに結び合わされたあなたが教会であり、私が教会なのです。 【本文より】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「教会とは何か」

    牧師である著者が経験してきたこと、聖書から教えられてきたこと、教会に生きる中で悩み、問い、考え、教えられてきたことを、ありのままに、具体的に記し、論じた実践的教会論

    本書を手にする人たちに教会に生きる喜びがもたらされ、豊かにされることを願って

    著者は日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。現在、日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師、東京基督教大学非常勤講師。
著書 『増補改訂「バルメン宣言」を読む』、『剣を鋤に、槍を鎌に─キリスト者として憲法を考える』(以上いのちのことば社)、『教えてパスターズ!!』(大嶋重徳氏との共著、キリスト新聞社)ほか多数。

「2018年 『教会に生きる喜び』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝岡勝の作品

教会に生きる喜び: 牧師と信徒のための教会論入門を本棚に登録しているひと

ツイートする