一日一生

著者 : 内村鑑三
  • 教文館 (1997年12月発売)
4.14
  • (4)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 28人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764265370

作品紹介

本書は、若い青年たちにはこの上ない人生の指針を与え、高齢者には安らかな慰めを提供する。聖書中の重要な節句を熟読味解してもらうために編纂されたものである。

一日一生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝の礼拝で紹介された本です。

  • 山本有三著『女の一生』に 内村鑑三のことばが引用されていたので、読む。

  • 内村鑑三を通して、聖書研究の恩恵を分け与えてくれる一冊。
    [9月8日](ロマ第4章23-25節)
    聖書のいわゆる「罪」とは反逆である、このためにいわゆる「義」とはなんであるかがわかる。 罪とは反逆であるために義とは帰順である。 すべての罪は反逆からくる、すべての徳は帰順から生じる。 義とされるとは単に義と宣告されることではない、子とされることである、再び子として神に受け入れられることである。 人は神に背いてすべての不義に陥ったように、神に帰ってすべての徳に服するのである。 聖書の示すところによれば、罪も徳も神に対せずにあるものではない。 神を離れて罪があり、神に帰って徳がある。 人類は罪を犯したから神を離れたのではない、神を離れたから罪を犯すのである。 そのように、徳を建てて神に帰るのではない、神に帰って徳を建てることができるのである。

全3件中 1 - 3件を表示

一日一生のその他の作品

一日一生の詳細を見る 一日一生 内村鑑三
一日一生の詳細を見る 単行本 一日一生 内村鑑三
一日一生の詳細を見る 単行本 一日一生 内村鑑三

内村鑑三の作品

一日一生はこんな本です

ツイートする