ローマ史のなかのクリスマス―異教世界とキリスト教〈1〉 (異教世界とキリスト教 (1))

著者 :
  • 教文館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764265875

作品紹介・あらすじ

クリスマスはもともと異教の祭だった?!クリスマスの日は地域によって異なっていた?!三人の博士の訪問は何を意味しているのか?クリスマス成立にまつわる歴史的事情を史料に基づいて検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■一橋大学所在情報(HERMES-catalogへのリンク)
    【書籍】
    https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1000965756

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

千葉大学文学部助教授 古代キリスト教史 ローマ史

「2003年 『世界像・人間像の変遷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

保坂高殿の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×