現代人はキリスト教を信じられるか―懐疑と信仰のはざまで

制作 : Peter L. Berger  森本 あんり  篠原 和子 
  • 教文館 (2009年6月発売)
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 35人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764266797

作品紹介

すべてが相対化される多元主義の社会に生きる現代人は、なおもキリスト教を信じることができるのか?著名な社会学者ピーター・バーガーが、『カラマーゾフの兄弟』の無神論者イワンの問いに取り組む。「苦しむ子ども」に応えられない神は信じるに値するか?使徒信条の言葉のひとつひとつを辿りながら、懐疑を超える現代人の信仰のありかを問う。

現代人はキリスト教を信じられるか―懐疑と信仰のはざまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルのとおり、懐疑心を持ちながらも、それでもなお信仰を捨てていない、それに正直に向き合う姿勢は共感できる。
    西方教会の原罪重視ではなく、東方教会の、苦しむ神と世界の救済という考え方に答がありそうな気がした。
    リベラルの道徳的キリストについては、そんなキリストならいらないと一喝。
    疑問がありつつも、最後には復活の希望がある。「口ごもりつつ」「躊躇しつつ」も、自分はキリストを信じるという著者の告白は、2回読んでようやく心に聞こえてきた。

  • 社会学者として有名なクリスチャンが書いた本ですが、パスカル、バルト、ブルトマン、ティリッヒなど20世紀の神学まで詳しい知識を持っておられ、大変深い洞察に満ちた凄い本でした。この本を前にすると、神がある、ないという浅薄な議論は出来なくなってしまうように思います。一般的な意味での神の存在はあるのか?、そしてそれがどうしてキリスト教の神なのか?、イエスキリストとは?聖霊とは?罪とは?十字架の死がなぜ私達のためなのか?罪を赦すとは?復活とは?奇跡とは?使徒信条に沿っての解説をしながら、アリウス・アタナシウス、ネストリウスらの時代の論争にまで話が及んでいくので非常に興味深く分かりやすく読むことができます。

  • キリスト教徒の著者が何故キリスト教を信じられるのかを問うている本。プロテスタントを基本的なスタンスとしながらも、キリスト教自体への懐疑を追求している姿勢が私は好きだ。
    一辺倒に固い文章でなく、さらっと軽めの文章にしてあるので、悩まず読めたりもする本です。

    私自身はキリスト教徒ではないですが、キリスト教には興味があったので、非常に面白く読めました。良い本です。キリスト教に悩んでいる方は是非一度。

  • 聖書学のかなりの部分がドイツのプロテスタント神学から出てきた。
    ホロコーストは神義論の最も鋭い問いかけを突き付けている。なぜ紙は百万人のユダヤ人の子供たちを見殺しにできたのか。
    キリスト論の発展は兄弟でときに苛立ちを覚えるほど複雑な問題を生み出した。
    祈りは瞑想ではない。瞑想は内面に向かう動きである。
    教会はユダヤ人と異邦人とを区別しない。

全4件中 1 - 4件を表示

ピーター・L.バーガーの作品

現代人はキリスト教を信じられるか―懐疑と信仰のはざまではこんな本です

ツイートする