ふたりのエアリエル

制作 : Noel Streatfeild  中村 妙子 
  • 教文館
3.30
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764267121

作品紹介・あらすじ

舞台は第2次世界大戦中のイギリス。身寄りをなくしたソレル、マーク、フィリスの3人きょうだいが引き取られた先は、これまで会ったこともない母方のお祖母さん。大女優でもあるお祖母さんから、3人は由緒ある演劇一家に生まれたことを初めて聞かされ、ロンドンの舞台芸術学院へ通うことになります。俳優の英才教育を受けて育った従姉妹のミランダとミリアムに学院で出会い、刺激を受けた3人は、厳しい訓練に耐え、自分たちの中に眠る才能を開花させはじめます。やがて、思慮深いソレルと自信家のミランダ、対照的な個性を放つ2人の少女は、シェークスピア劇『テンペスト』の妖精「エアリエル」を競演することに……!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二次世界大戦中のロンドン、母を早くに亡くした三姉弟(姉・弟・妹)の父もまた、戦争の最中連絡が取れなくなる。幼い三兄弟は母方の祖母の家に引き取られることになった。そこは由緒ある演劇の血筋の家であり、自分たちもまた舞台芸術学院に通学することになる。

    突如演劇一家のルーツを知ることになった三姉弟たちは、専門的学校で同世代の生徒や先生と過ごすなか、秘めた才能を少しづつ開花させていきます。親戚にあたるミランダの自他ともに認める恵まれた才能にも刺激を受け、姉・ソレルは着実に演劇の経験を積んでいくことに。姉弟たちはそれぞれ成長し進路を選び、大団円で幕は下ります。
    欲を言えば、ソレルたちの「舞台芸術学院での日々」で物語が終始してしまったのは残念だなと。“演劇一家の血筋”に期待を寄せる周囲からの圧や、そもそも父親が安否不明という不安のなか幼い姉弟たちで挑む新天地など、様々な内面が垣間見えるような気がするのだけど…その辺りが深堀りされていないのは、本書の持つ児童文学色の強さならではかもしれません。読みやすかったです。

  • うーん、ちょっと物足りないんだよね。いろんな葛藤があるようなのに、なんとなくめでたしめでたしって片づけられた感じで・・・

  • 安心して、心から楽しんで読める児童書。
    貴種流離譚でもあり、眠っていた才能に気づいていく話でもあり、パターンっちゃパターンなんだけど、そこをなんともいえない品のよさで補っていて、心地よいのです。もう少し読みたいっていうところで終わってしまうのが残念でもあり。でもどんどん続いていったらガラスの仮面になっちゃうかも(笑)

  • 挿絵が素敵。

  • よい作品でした。
    小さいころ母を亡くし、戦争で父が行方不明になってしまった3兄弟が、困難を乗り越え成長していく姿が描かれています。

    3兄弟を取り巻く大人もステキです。
    特におばさんの「こまったことがあったら、これからはくよくよ考えずに、すぐわたしのところにいらっしゃいね。おばさんって、そういうときのためにいるんですからね」という言葉が印象的でした。

  • 第二次大戦末期のイギリス。母は亡くなり、父は行方不明になった3姉弟は、母方の祖母の家に住む事になる。
    両親の結婚に反対されていたので、子どもたちは初めての環境。実は母方の家族は有名な役員の家系で、子どもたちは演劇の学校に通う事になる。そこで始まる役者としての争いと友情。お決まりの敵役あり、ドキドキあり。
    最後は、お決まりのハッピーエンド、古き善き少女小説といった感じ?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

Noel Streatfeild, 1897-1986。イングランド・サセックス州出身。英国王立アカデミー演劇学校卒業後、女優を経て著作に専念、大人向けの小説家から児童小説家となる。代表作『バレエ・シューズ』ほか多数。

「2017年 『ふたりのスケーター』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノエル・ストレトフィールドの作品

ツイートする