ディズニーランド裏舞台―夢の王国で働く人の物語

著者 : 青木卓
  • 技術と人間 (1993年5月発売)
2.29
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764500921

ディズニーランド裏舞台―夢の王国で働く人の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルポライターがTDLへの派遣社員として潜入。美装部員としてパレード、ショウの着替え手伝いなどを行うその毎日の日記。働く人たちが夢を演出することに一生懸命でありながらその生活にあまり夢がないのが皮肉です。そして「インパーク」と称して、彼らが休日に月何度も遊びに訪問するという、彼らもTDLに夢を見ている人たちなのでしょうか。

  • その名の通り、ディズニーランドの裏舞台が書かれたもの。アトラクションキャストなどの裏舞台・・・ではなく、本当の裏舞台です。ディズニーランドに夢を求める人は読まない方が良いかと。10年以上前の話だから、今もこんなに酷いとは思いたくないですね。

  • ディズニーランドの過酷な使い捨てバイトの現実!
    ディズニーランドが好きな人は読まないほうが良い。
    まあ、古い本なので今でもここまでひどい状況が継続しているのかは分かりませんが・・。

  • 何を伝えたかったのだろうか, 2004/10/28


    私も元キャスト(従業員)でした
    タイトルの通り、ディズニーランドの裏舞台について詳細に書かれている
    読んでいて、懐かしく感じる部分も多かった
    裏舞台を知りたい人には読む価値があるのかも知れない
    ただ、内容はやや細かすぎて読みにくいかもしれない
    また、気になったのは、本書で、読者に何を訴えたかったのか
    それが良くわからなかった

  • ちょっと古いけどミッキーマウスの憂鬱のルポ版といった感じ。25周年を迎えてなお栄えているディズニーランド。私はディズニー好きですが・・・081102

全5件中 1 - 5件を表示

青木卓の作品

ディズニーランド裏舞台―夢の王国で働く人の物語はこんな本です

ツイートする