あたらしい数理最適化: Python言語とGurobiで解く

  • 30人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 近代科学社 (2012年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764904330

作品紹介

最近では、数理最適化問題は、高性能な数理最適化ソルバー(Gurobi)と超高水準プログラミング言語(Python)を使えば、複雑な実際問題でさえ、いとも簡単にモデル化でき、あっと言う間に解決が可能になってきた。本書は、そのようなパラダイムの変化に応え初めての数理最適化の入門書である。内容としては、例を用いて基礎理論を解説するとともに、正しくかつ高速に動くプログラムを示すことによって、実務家が実際問題を解く際のお手本を示すことを心がけた。

あたらしい数理最適化: Python言語とGurobiで解くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近代科学社ウェブサイト
    http://www.kindaikagaku.co.jp/information/kd0433.htm

  • 半分読了。一種の新しいプログラミング領域(制約プログラミング)。知らなかったが奥が深い。中期的には今後必要なのは確定なので覚えていこう。にしても電車に忘れたのは痛い。

    最適化という処理が「アルゴリズムを学んで全部手書き」という時代から、「制約プログラミングソースコードと実行プラットホーム」の役割二分制になっていたのは知らなかった。これにより双方が独立して進化していく下地ができたと思う。どっちもやってみたいことが沢山ある。

    (単に自分が数理計画法(特に整数計画法)を詳しく知らなかっただけ。単なる生産配分が限度かと思ってたら、巡回セールスマンや人員シフト計画みたいな組合せ論も統合されてたのを知らなかった。勿論NP問題は多いけど、汎用性の高いモデル記述ができることを知らなかった。)

  • 現在のメインのプログラミング言語はRで,最適化で特に困ることはないが,本書を読んでGurobiにとても興味を持った.数理最適化の教科書としても使えそうなので,卒研指導の際にPythonを使ってみようと思う.オススメ.

  • 著者が公開している正誤情報など:
    http://www.logopt.com/book/gurobi.htm

    非公式正誤表あります (登録 15 件):
    http://public-errata.appspot.com/errata/book/978-4-7649-0433-0/

  • 和図書 417/A94
    資料ID 2012105199

全5件中 1 - 5件を表示

あたらしい数理最適化: Python言語とGurobiで解くのその他の作品

久保幹雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あたらしい数理最適化: Python言語とGurobiで解くはこんな本です

ツイートする