ドイツに学ぶ科学技術政策

著者 :
  • 近代科学社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764904972

作品紹介・あらすじ

インダストリー4.0はなぜ実現できたのか
 EUのリーダーであるドイツは、近年、インダストリー4.0により脚光を浴びている。本書は19世紀以降の歴史的背景をふまえ、ドイツにおける産業・研究が、どのような仕組みの中で発展してきたかを解説する。
 特に産学公の連携については、各研究所の管轄行政機関、運営費・研究費用の拠出元、将来に向けての人材育成システムなどを、日本と比較しながら詳述し、日本の施策に対しての提言も行っている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • No.966
    1. 目的
     仕事で取り組んでいる大学と企業の連携について、ドイツの教育システムを参考にしてまとめていく。
    2. 得たこと
     国内と大きくことなる教育システムと科学技術政策にインパクトあり。特に企業と連携したインターンシップのあり方が大きくことなる。オープンイノベーションが前提であり、企業が研究機関に委託するフランフォーファーモデルが基本となっている。国内の企業間の競争とは大きく異なる。
    3. アイデア
     著者の永野先生を呼んで勉強会を開催する。17.03.28実行済み。

  • 近代科学社ウェブサイト
    http://www.kindaikagaku.co.jp/engineering/kd0497.htm

  • 請求記号 502.34/N 16

  • JST社会技術研究開発センター 「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」永野博アドバイザーご執筆の本

全4件中 1 - 4件を表示

ドイツに学ぶ科学技術政策のその他の作品

永野博の作品

ドイツに学ぶ科学技術政策はこんな本です

ツイートする