素敵にサイエンス 企業編―かがやき続ける女性キャリアを目指して 女性のための理系進路選択

著者 : 中村立子
  • 近代科学社 (2008年9月1日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764950047

素敵にサイエンス 企業編―かがやき続ける女性キャリアを目指して 女性のための理系進路選択の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配架場所】 図・2F男女共同参画コーナー 
    【請求記号】 407||SU

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=129929

  • 状態:貸出可
    ※利用対象者:本学の教職員と学生に限ります。

  • 資料ID : 10801652
    所在 : 展示架
    請求記号 : 407||To67

  • どの人をターゲットに書かれている本なのか分からないし
    なんか、文科省のにおいがする。。。
    (文中には中高生向け・・と書かれているが)

    アドヴァイス・・・
    気になる

    読んでて、印刷ミス(文の重複)があって、読む気が一気にうせた。

  • [日販MARCより]
    理系進路を選択した女性をロールモデルとして紹介する、女性の進路選択のヒントが詰まった1冊。理系の企業に就職した女性のキャリアパスを紹介し、進路選択に迷う理系の女子大学生、中高生に新しい視点を提供。

    [BOOKデータベースより]
    パワフル、でも、しなやかに生きる女性たち。その輝きにふれてみませんか?好評「研究者編」に続く、シリーズ第2弾。

    第1章 10年後、20年後の自分を想像できますか?;
    第2章 こうして私たちは輝きはじめた 今も、そしてこれからも(魅力も技術も光らせるために;もっと想像して、創造して;それはきっと、子どものように愛しいもの;いつも新鮮な知的興奮があるから;私が虜になるまで;信じて、夢をかたちにする);
    第3章 理系へようこそ!—女性技術者座談会

  • 就活中、読んでみた。
    企業で女性が研究者、技術者として働くとはどういうことなのか。理系に進んだきっかけや大学時代、入社後の仕事のやりがいや困難など。

    これらの女性に共通しているのは、大学時代に研究に全力で取り組んでいたこと、将来の見通しを持ち、この先に必要となることを早いうちからやっていたことだと思った。
    うーん、今の自分には欠けている…。

    *悩む=やりたいこととやれること、やりたくないこととやらなくてはいけないことが整理されないまま、一度に正解を出そうとしたり、上手くいかなかった場合を恐れて、一歩踏み出せない場合が多い。
    →悩みの本質をはっきりさせて覚悟を決めるしかない。そのためには、今の自分にできるか否かは無視し、悩みを簡単な言葉に分解する。すると、自分の気持ちが整理でき、解決策も見つかる。

  • 女性が理系の職場で働くことは難しいのではないかと不安ですか?
    そんな不安を跳ね飛ばすような、企業で技術者・研究者として生き生きと働く女性達が紹介されています。
    パワフル、でも、しなやかに生きる女性たち。その輝きにふれてみませんか?

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

素敵にサイエンス 企業編―かがやき続ける女性キャリアを目指して 女性のための理系進路選択はこんな本です

ツイートする