これでアポイントがどんどん取れる大成功!生命保険のアプローチ―保険セールス成績アップ読本 初級編 (保険セールス成績アップ読本 (初級編))

著者 :
  • 近代セールス社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784765008891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本はすごい。最近、生命保険関係の本を読み漁っているが、これには少なからず衝撃を受けた。この本ではテクニックの紹介はほとんどない。まず、営利を超えた情熱を持つこと。これにびっくりした。確かにそうである。最も難しい営業のひとつであるという生命保険の営業には「断りの恐怖」は日々ついて回る。これに打ち勝つには単なる営利の追求を超えた情熱や夢が必然的に必要だと思う。その夢や情熱をかなえるために今の仕事している。お客さんに本当のリスク管理をしてもらうために今の仕事をしているという思い込み。そして、数を打つこと。質を上げるためにもまず数を打つ事が大事。質はそのうち高まってくる。数は年間の目標を設定し、それを月、週、一日のアポ数にまで落とし込む。ココまでして毎日の努力目標を黙々と達成し続けることによって大きな目標を達成することができる。この本は保険の営業にかかわらず、どんな営業にも使える考え方を教えてくれる。著者はソニー生命で長年好成績を挙げてきたつわもの。これは蓋し名著である!

  • チェック項目10箇所。本書では、アポイントを取ってお客様のところに行かなくてはならないことが頭では分かっているのに、それを行動に移せないあなたの問題を解決します、そして、セールスプロセスの中で成功の90%を握っている一番大切なアプローチの具体的方法について書きました。日本は、残念ながら幼稚園から大学まで、学校ではセールスに関する教育はまったくされません、日本の教育は、ただただ知識をたくさん詰め込んで、一つの問題から一つの答えを引き出すのが早い人が優秀であるとされてきました。人生を変えるのに比津町な収入は1000万円ではありません、3000万円をクリアするのが第1目標、あとは4000万円、5000万円、いや1億円をめざすのはあなたしだいです、まずは、成功という名にふさわしい目標を持つことからスタートしましょう。凡人と超人の差、それは、成功者は、誰でもできる一日の目標を、1年間を通して重ねていることなのです、自分の成功を誓ったあなたは、トニーや他の優積者が歩んだこの王道をこれから進んでいけばよいのです。成功する人は、目標の前に「達成期限」と「必ず」「絶対に」というキーワードを入れます、達成期限のない目標は存在意味がないのです。「我々は、設計書や証券を売るのではない、問題を投げかけ、お客様とその問題を共有するプロセスが仕事なのです」。夜でも休日でもご主人が見えるような番組でしたらテレビは消していただく。

全2件中 1 - 2件を表示

福地恵士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする