道のユニバーサルデザイン―誰だって街を歩きたい

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 鈴木敏
  • 技報堂出版 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784765517072

道のユニバーサルデザイン―誰だって街を歩きたいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書では、ユニバーサルデザインだけでなく、安全の視点も紹介がある。
    車道には、中央分離帯と立体横断施設が、安全設計の基本だということがわかる。

    これらの設備と横断歩道、信号が、安全上どうちがうかの説明がないのは本書の弱点かもしれない。
    道路構造令で、4車線以上の道路の交差は立体交差とすることを紹介しているが、それが安全上の根拠を説明していない。
    緩衝帯やコミュニティゾーンを、安全上の事項として紹介しているが、設計上の考え方を十分に説明していないような気がする。

全1件中 1 - 1件を表示

鈴木敏の作品

道のユニバーサルデザイン―誰だって街を歩きたいはこんな本です

ツイートする