日本全国豆投げ音頭 (ワールドコミックススペシャル)

著者 : ガビョ布
  • 久保書店 (2008年7月発売)
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784765934114

日本全国豆投げ音頭 (ワールドコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前単行本には劣るが今回も十分面白い。ちりばめられた小ネタの数々がスゴい。

  • 読んでるだけで元気になれるロリエロギャグ漫画です。

  • ドンドン某桜井のりお先生に似てきた絵柄な作者さん。
    ポン酢ちゃんッッッ!!

  • 成年コミックであるひけめを帳消しで堂々と「買ったぜ!」といいきれる作家のひとり。
    ヘンでバカでオモロでときどき奇妙だったり奇抜だったりとんでもなかったりを暖かい世界で描く、ガラクタおもちゃ箱のような短編集。
    あとぶっちゃけて正直幼女エロはよさがよくわからないんだけど、その分差し引きしてなおこの感想。いや絵はキレイで女の子は可愛いんだけど、エロとなるとようわからんのです。

    正直全部を把握できている自信がない無数にちりばめられた小ネタ、メチャクチャ言ってるコント会話、たいていとんでもないオチ、サービス過剰なまでにつめこみまくったあとがきマンガとカバー裏、ひでえ単行本タイトル、すべてが最高だ! 今の時代になかなかない面白くてヘンな「ギャグ(コメディじゃなく)」をちゃんと読める嬉しさ!
    この作者のエロ抜きのほのぼのハチャメチャギャグマンガも読んでみたいというのは贅沢かしら。

    男に(というかこの場合、ロリコンにというべきか)都合のいいハッピーゴーラッキーな結末が強引なきらいはあってそこはどうかなあ、と思わんでもないんだけど『天国と牢獄』のような真摯な(?)作品や「やったー純愛ほのぼのセックスのはじまりだ──!」「どこがだ!」というセリフを読まされてはそんなつっこみも無粋と思えてしまう。

    あとマリーンさんと猫耳バイトの先輩いいよね。幼女マンガ家としてイメージが固定された感があるけど、この作者のお姉さんキャラはそれはそれで独特の魅力を持っている気がする。

全5件中 1 - 5件を表示

日本全国豆投げ音頭 (ワールドコミックススペシャル)はこんなマンガです

ツイートする