ミス・マナーズのほんとうのマナー

制作 : 片岡 しのぶ  金 利光 
  • 暮しの手帖社
3.95
  • (7)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766000399

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初版が出た学生の頃以来、二十数年座右の書。
    ミス・マナーズの知恵は今も褪せない。

  • 現在通勤のおとも、単行本はあまり持ち歩かないんだけどそれも苦にならない面白さ。色んな質問や陳情・愚痴の中で、他人のマナーに我慢ならない!というのへのミス・マナーズの返答がとても腑に落ちる。控えめに言っている人も、本当は相手のやり方を変えさせてギャフンと言わせたい。自分が思うマナーを貫けばいいが、他人に強制する事は出来ず、自分に対する他人の失敗を指摘するのはもってのほか。ちょっと人とのやっていき方が見えた気がした。

  • こんなに洗練されていて、上品で、なのに思わず噴き出しちゃうユーモアを(しかも、結構ブラックな)兼ね備えた本ってあるでしょうか。こどもの頃、母の買う「暮らしの手帖」のなかで、楽しみに読んでいたのは「ミス・マナーズ」と「すてきなあなたに」の欄だった。そうして私は「どういう振る舞いがおとななのか」をだいぶ学んでいたんだと思う。娘がもう少し大きくなったら、私の蔵書をそうやって読んでくれるのかしら。そんな素敵なコーナーがある雑誌を、私は読んでいるかしら。

  • どんなマナーも完璧というミス・マナーズなる人物が、マナーに関するありとあらゆる質問にビシバシ答えるアメリカの人気コラム。その場の状況や質問者の本音を的確につかむ洞察力、辛辣なユーモア、そして潔さ。読み物としてすばらしくおもしろい。が、それだけではないぞ――マナーについても学べるのだ。


  • 相談者の質問に答えるミスマナーズのお返事がすごくエレガントで
    おしゃれで、はっとさせられます。

    さすが、おしゃれ番町の野宮真貴さんがおすすめするだけあるな。

    繰り返し読みたい本です。

  •  アメリカで人気の新聞コラムを翻訳して、暮らしの手帖に掲載していたものをまとめた一冊です
     ミス・マナーズの簡潔で明快なコメントが秀逸です

    質問:「結婚生活を始める女性にとって、最低限に必要なものはなんですか?」
    答え:「新郎」

  • ちょっと意地悪で好き。表紙のピンクとグレーが可愛らしい。

  • 可愛らしく、ちょこっと意地悪?なミス・マナーズのマナー本。堅苦しいマナー本と違い、面白く読める本。

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする