イヌイットの壁かけ

著者 :
  • 暮しの手帖社
4.40
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766000672

作品紹介・あらすじ

ここにお目にかける、いきいきとした、たのしい壁かけは、カナダの先住民族である「イヌイット」の女の人たちの手づくりです。この「イヌイット」の暮らしているカナダの北やアラスカなどの極北の地は、一年の三分の二が、ほとんど太陽が昇ることのない冬、夜の季節です。そして短い夏。その夏は、夜になっても太陽が沈むことはありません。そんなきびしい自然のなかで、イヌイットの女の人たちは、狩りに出かけた男の人を待ちながら、毛皮をなめして、一針一針、家族のパーカ(防寒着)を縫いました。本書で、女の人たちが、一針一針縫ったこの壁かけから、すぎた昔をなつかしみ、伝統を大切にしながら、新しい明日に向かって歩んでいく「イヌイット」のメッセージをききとって下さい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 季節感、生命力が溢れるイヌイットのかべかけたち。

  • イヌイットの生活や、精霊、動物たちがアップリケされた壁かけ。
    素朴な壁かけで、目を見張るような技術を使っているわけでは無いのに、本当に魅力的で、惹きつけられる。

    本屋で見かけたら、ぜひ手にとってパラパラめくって見て下さい。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

岩崎 昌子:1938年生まれ、イヌイットアート収集家。1970年、カナダへの移住をきっかけにイヌイットアートに出会い、以後作品収集を続ける。北極地方にも2度旅をし、2000年からは日本各地で収集品の展覧会を開催。壁かけや人形などのコレクションの一部は現在、北海道立北方民族博物館(網走)に収蔵されている。

岩崎昌子の作品

ツイートする