• Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001068

作品紹介・あらすじ

シヤトウのような龍宮城、シバの女王のような乙姫さま、ハムレットのような浦島さんなどなど、画家の感覚がよく出ていて、非常に面白い。龍宮での歓待も、宴会ではなく、健全な戸外の遊びになっている。昭和26年刊の復刻版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中谷宇吉郎雪の科学館にいってきました
    二度目でーす
    ショップには 高野文子先生の色紙が!
    「ドミトリーともきんす」のナカヤ君(^^)
    この本は、文章が中谷宇吉郎そして藤城清治
    藤城さんって現役長いですもんね

    前は霧が出る時間帯があったけど今回はなかったなぁ
    映像 チンダル像氷の花 人工雪 過冷却水 ダイヤモンドダスト シャボン膜

    今回はティールームにも行きました
    珍しく冬の晴れた日
    柴山潟に白山がきれいに見えて絶景でした!
    現代風の久谷で絵付けされたカップが
    いいセンスで嬉しくなりました
    もちろんコーヒーも美味しかったです!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1900年石川県生まれ。物理学者。東京帝国大学理学部で寺田寅彦に師事し、卒業後は理化学研究所で寺田の助手となる。北海道帝国大学教授、北海道大学教授を務め、1962年没。雪の結晶の研究や、人工雪の開発に成果を上げ、随筆家としても知られる。主な著書に『冬の華』『楡の花』『立春の卵』『雪』『科学の方法』ほか。生地の石川県加賀市に「中谷宇吉郎 雪の科学館」がある。

「2014年 『寺田寅彦 わが師の追想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷宇吉郎の作品

浦島太郎を本棚に登録しているひと

ツイートする