私の浅草 (暮しの手帖エッセイライブラリー)

著者 :
制作 : 花森安治 
  • 暮しの手帖社
4.06
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 118
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001679

作品紹介・あらすじ

昆布と大豆の煮しめたのや正月の鏡餅の揚げたのや、七輪の上で焼いた桜えびやねぎの入ったどんどん焼き、里芋とこんにゃくの煮つけ、野菜入りのライスカレー-何度でも読みたい暮らしのエッセイ。昭和の名女優が下町の暮らしを描いた代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「江戸」と「東京」とがせめぎあう、さながら汽水湖のような1920年代の浅草。その浅草に生きる人々の暮らしを、ひとりの少女の目を通して活写した素晴らしいエッセイ。季節の到来を告げる年中行事の数々、無駄を出さない生活の知恵、どんなときにも背筋をシャンと伸ばした浅草の女たち…… そうしたひとつひとつが、まるでその場に居合わせているかのようにくっきりと像を結ぶ。少女時代の沢村貞子の観察眼、文章の腕前も見事だが、ひとりの大女優を育んだ1920年代の浅草の庶民の暮らしの《豊かさ》を見抜き、筆をとることを勧めた花森安治の編集者としての目利きぶりにも拍手をおくりたい。

  •  女優・沢村貞子(1908-1996)の名随筆『私の浅草』(1976)が先々月、何度目かの再刊を果たした(暮しの手帖社刊)。そのチャーミングな表紙もさることながら、ページをめくるやいなや、噂に聞いた沢村のさめざめとした筆の冴えに、ただ舌を巻くしかない。著者はあとがきで、悩みながら書いてきたものの、結局は読者の興味を呼べそうもない身辺雑記となってしまった、と謙遜しているが、戦前の浅草での庶民の暮らしぶりを記した一文一文からさりげなく滲み出る滋味は、凡百の小説ジャンルなどを軽々と吹き飛ばしてしまう。
     本書の白眉と言える章「萬盛庵物語」あたりになるともう、宮本常一も真っ青となりそうな迫真の写実記である。彼女の記述から察すると、この「萬盛庵」なる、日本庭園もそなえた蕎麦の名店は、三社様の裏側、おそらく現在の浅草寺病院かその並び、言問通り沿いに徳川時代から存在した老舗である。残念ながら現存してはいないが、どうやら、たいへん風格のある蕎麦屋だったようだ。一杯のざるに命を懸けた男と女の生涯が浮かび上がる。
     さらにラストの章を飾る、実弟・加東大介(1911-1975)の早すぎる病死を悼む一文は、涙なくして読み終えることは絶対に不可能。映画化もされた回想小説『南の島に雪が降る』で語られているように、彼は戦時中、出征先のニューギニアで、飢餓と疫病に苦しむ兵士のための慰安劇団を結成し、これに命を懸けた。復員後、劇作家・長谷川伸を訪ね、作品の無断上演を詫びた加東に、『瞼の母』の巨匠は答える。「君は幸せな役者だ。そんなに喜んでもらえる舞台を踏んだ役者はめったにいないよ。芸とは、人をたのしませることだよ。」
    「だから僕はもっとうまくなって、もっとみんなにたのしんでもらうよ、姉さん。」
     ガンに冒されたことを知らされていない弟は、病室で姉にそう言ったそうである。名優でさえ、このような虚心坦懐なる生き方をしてきたのだ。ましてや、われらのごとき凡愚の徒はなおさらのことだ、と遅まきながらに襟を正してみるのだが。

     ところで私は本書を、新しく出たばかりの再刊版で読んでいるのではない。日本橋久松町にて小体だが品のいい一杯飲み屋「E」を営む女将さんが、店の2階から初版本を取ってきて、わざわざ貸してくれたものである。聞けばこの人、1951年に先代と共に日本橋久松町のこの店を持つ以前は、八重洲あたりで屋台を営んでいたそうな。沢村貞子と同じ、浅草の出身だそうである。しかも吉野町三丁目(現在の今戸二丁目)らしいから、猿若町の沢村貞子とはまさに「ご近所どうし」というシンパシーをお持ちのことだろう。こうした店や本の存在が、今もなお、東京の下町に人の情の厚みを加えているのだと思う。

    • ノッチさん
      愛媛に住んでおりますが、もう少しアンティークな自分になれたらぜひ女将さんの料理姿を拝見したいです。
      愛媛に住んでおりますが、もう少しアンティークな自分になれたらぜひ女将さんの料理姿を拝見したいです。
      2012/05/16
    • nakasukojiさん
      nocci1109さん、コメント有難うございます。東京スカイツリーができて久しぶりに脚光を浴びている東京の東側ですが(ここ四半世紀のトレンド...
      nocci1109さん、コメント有難うございます。東京スカイツリーができて久しぶりに脚光を浴びている東京の東側ですが(ここ四半世紀のトレンドはつねに東京の西半分でしたから)、こういう話題とは無縁のいいものも残して、次代につながっていけばいいなあと思います。
      2012/05/20
  • 100殺!ビブリオバトル No.32 夜の部 第5ゲーム

  • 以前、ご紹介した「沢村貞子の献立日記」を読み、どんな方なのかもっと知りたくて古本を探しました。

    浅草という土地に暮らす人たちの情の篤さ、不器用さ、生真面目さ、優しさ、ユーモアのセンス、四季折々の行事や習慣…。

    続きはこちら⇒http://wanowa.jugem.jp/?eid=786#sequel

  • 江戸の香りを残す下町、浅草。
    お歳暮が砂糖だったり、
    芸妓が当たり前にお隣さんにいたり
    男は浮気し放題?だったりと、いった具合。

    昭和50年、弟さんの死去
    まだガン告知をしない時代。

    思い出話だし、当時としては当たり間だったから
    そんなに大変そうではないが
    こういう不便で密接な人間関係の暮らしって
    今の人には絶対無理だろうな

    49 地口あんどんの奉納。町内自慢の駄洒落
    50 東中野は遠い田舎。区画整理でお寺が移転
    89 医者殺し、鰹の中落ちの汁にお湯

    95 堅気の女はほとんど化粧しない
    98 御輿、女は触れない。二階から見下ろすのもだめ
    109 6歳の6月6日から芸事をはじめると上達する

    122 バナナ(パナマと言った)の叩き売り
    128 4万6000日分のご利益、ポイント倍増デーか
    137 汽車活動、揺れる実際の車両に乗って風景鑑賞

    202 ご真影、顔の部分は紙で隠して売っていた
    227 お歳暮は砂糖
    248 「南の島に雪が降る」

  • 失われた日本の東京の下町の風景。今より昔が良かったというつもりはない。一番シンプルで近いのは愛惜という言葉か。アイシャク。ただ名人、沢村貞子の筆にかかると、お見事となる。ただ、お見事。

  • エッセイストクラブ賞

  • 20110410 日本に必要な事はこうした事を思い出す事なんだろうな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1908年、東京生まれ。女優、随筆家。出演作に「赤線地帯」「駅前シリーズ」など多数。『私の浅草』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。おもな著作に『貝のうた』『老いの楽しみ』など。1996年没。

「2015年 『ひんやりと、甘味 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私の浅草 (暮しの手帖エッセイライブラリー)のその他の作品

私の浅草 単行本 私の浅草 沢村貞子
私の浅草 (新潮文庫) 文庫 私の浅草 (新潮文庫) 沢村貞子

沢村貞子の作品

私の浅草 (暮しの手帖エッセイライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする