考えの整頓

著者 :
  • 暮しの手帖社
3.97
  • (119)
  • (164)
  • (98)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 1647
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001716

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さすが佐藤雅彦さん!という本だった。
    「佐藤可士和の整理本」みたいなかんじなのかなーとおもったら、
    軽いエッセイ的な感じ。
    でも、読んでいくと佐藤さんのつくったものらしく、
    だいたいにかわいいオチがついてて。
    そして、読んでいくとさいごのあとがきにあった
    「考えをたどっていく」という表現がぴったりの本だった。
    これが連載なのも納得。そして、このタイトルもピッタリだった。

    やっぱり、この人とてもおもしろい。

  • 暮しの手帖の連載が書籍化されたもの。
    カテゴライズしづらい人というのは、人が素通りするような事柄をつぶさに観察して考えぬく人なんだろうなと思う。

  • 頭が刺激される。筆者が日常に感じた違和感を掘り下げる事で新たな世界が見えてくる。

  • 書かれている内容が直接勉強になる訳ではないが、行間に勉強になることが多々含まれている。
    まず対象とするものの選択眼というか視点が独特。素直に引っかかっていることなんだろうけど。そこに人よりもながい時間、思考をして本質なるものを探っている。その思考する際の発想の仕方が常人にはまねできない。また、それを表現する際の言葉の選び方が面白く惹き付けられる。引き出しがたくさんあることもそうだが、そこからひっぱりだすのがうまく学べる。

  • 佐藤雅彦さんが好きです。

    彼は自分の意識の動きにとても敏感な人です。いつも違和感を見逃しません。
    そして、その違和感をそのままにせず、どのように意識が動いたのか、それはなぜなのかと考え出します。そうしてその理由や原理を明らかにし、暮らしをより居心地のいいものにしようとします。それをおもしろがってやっていますね。

    佐藤さんのように、私もよりよく生きることを楽しんで暮らしていきたいです。

    〇「デザインとは「よりよく生きるための方法」であり、アートとは「なぜ生きるか」ということ自体から考えることである。」(p219)

  • 請求記号:914.6/Sat
    資料ID:50064952
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • 佐藤雅彦が暮しの手帖に連載しているエッセイ集。
    やはりこの方、発想がステキ!子どもにサプライズを仕掛けようと呼び掛ける章にニンマリ。でも、お父さん気がつかなかったら子どもショックなんじゃない?冷蔵庫のイタズラには、笑えた。

    最後は、佐藤雅彦の3・11

  • 小さいことから大きな考えへ…ぱたぱた

  • 考え方、思考の巡らせ方がおもしろい。

  • 暮らしの手帳に掲載されていた佐藤さんのエッセイをまとめたもの。

    まだ途中だった!

全163件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。慶應義塾大学教授を経て、現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)、『差分』(美術出版社)、『毎月新聞』(中公文庫)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『‪0655/2355』『考えるカラス』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2011年に芸術選奨受賞、2013年に紫綬褒章受章、2014年にカンヌ国際映画祭短編部門招待上映。‬‬‬

「2017年 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤雅彦の作品

ツイートする