暮しの手帖日記

著者 :
  • 暮しの手帖社
3.70
  • (16)
  • (21)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 227
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001785

作品紹介・あらすじ

就任から現在まで…、『暮しの手帖』編集長・松浦弥太郎が、読者のために毎号綴り続けたささやかな手記。連載「編集者の手帖」、「こんにちはさようなら」と、定期購読付録「編集長日記」を再編集して収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 180814*読了
    数年前、松浦弥太郎さんの著作を読み漁っていた時期がある。
    久しぶりに読んだけど、やっぱり考え方が一貫していて、あたりまえだとか、ていねいにだとかのワードが目立つ。
    ついつい忘れがちな生活の基本を、そうそう!と思い出させてくれる本です。
    降りに触れ読み返して、原点に立ち返りたいと思います。

  • 松浦弥太郎さんて、どんな人なのか
    修行僧のようで、誠実熱心丁寧な暮らしをしている人というイメージ。
    なんだか読んでいたら、少しでも松浦さんを見習いたくなってしまった。
    到底及ばないが、誠実で笑顔で親切な人、周りの物事を大切にできる人になりたいと思った

  • 【161025 読了】

  • 『おいしいおにぎりが作れるならば。』はこの本の文庫版というが、第一章にあたる「編集者の手帖」部分はなかったと思う。
    その部分が読めただけでもよかった。
    こちらを手元に置いておきたい。

    仕事に行き詰まると、松浦さんの本を読む。
    そのたびに忘れてしまっていた気持ち(いわゆる初心というものか)を思い出して、もう一度がんばってみようと思える。

    松浦さんは離れてしまったけれど『暮しの手帖』の購読を始めた。ていねいにつくられたものは、やっぱりいいもの。

    松浦さんのようなタイムスケジュールで生活したいなぁ。
    最近はどうしても夜が遅くていつも眠たい。体調と機嫌を悪くしないことで精いっぱいだ。改善したい。

  • 暮しの手帖の編集長を退任した松浦さん。丁寧に暮しの手帖を作っていたことが伝わってきた。毎日、丁寧に過ごせるように頑張ろうって思えた。
    それにしても、これを読む限り次の職場のクックパッドで魅力を生かせるとは思えへんかったんやけどなぁ…これからクックパッドの変化に期待。

  • 「暮しの手帖」のバックナンバーが読みたくなる。
    きちんとした暮しがにじみでてくる文章

  • 図書館で借りましたが、ゆっくり読んでいたら読み切れませんでした!

    松浦さんの他の本とかぶっている内容もあったりしましたが、松浦ワールドを楽しめる一冊でした!

  • 2014.3.2読了

  • つだにある

  • ぱらぱら開いたところから読んでいってる。

    なんだか、スローライフ。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エッセイスト。元『暮らしの手帳』編集長。

「2018年 『ご機嫌な習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦弥太郎の作品

暮しの手帖日記を本棚に登録しているひと

ツイートする