気ぬけごはん

著者 :
  • 暮しの手帖社
3.73
  • (8)
  • (22)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001822

作品紹介・あらすじ

飾らない日常でうまれたほっとする身近なごはん。あなたの心をほぐす料理のエッセイ。『暮しの手帖』大人気連載の書籍化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ああ、なんてすてきなタイトル…!
    "気ぬけ"だけれど、手抜きではありません。
    せっかくのお食事なのだから、食いしん坊は手軽に美味しいものを楽しむのです。

    冷蔵庫の中身や乾物かごの中に残ったものから、ちゃちゃちゃっとできあがるごはんはどれも美味しそう!
    休日のお昼ごはんにぴったりなお料理が多い気がします。
    レシピ付きなので、簡単そうなものをいくつか作ってみました。
    自分では思いつかなかっただろう、気軽で美味しいレパートリーが増えてほくほくです。
    キャベツのピロシキ、少し時間がかかりそうだけれど美味しそうだったので、これも作ってみたいなぁ…。

    また、別荘として購入した"山の家"のお話に憧れます。
    持ち主が亡くなってから荒れ放題になっていた空家を買い取り、自分たちの手で修理や掃除をしているのだそう。
    まだまだ住める状態からは遠いようですが、1日掃除をした後に庭先でキャンプのように楽しむごはんのなんと美味しそうなこと!
    五感で季節を味わう暮らしの豊かさをおすそわけしていただきました。

  • この一年、朝と昼ごはんを毎日作っていて気づいたのは、
    どうしても作りたくないときがあるってこと。
    誰かに作ってもらいたい、外食したい、お菓子とかスーパーに売ってるパンで済ませたい、とか。

    肩のチカラを抜いて、
    気の抜けたごはんでもいいんだよね。

  • 暮らしの手帖に連載されていたものをまとめた本。
    単行本になるのを心待ちにしていた。

    この本は高山さんのエッセイとそこから連想したり
    回想したり、エッセイに出てくる方に教えてもらったり
    したレシピが文章で載っている。
    その文字で読むレシピの美味しそうなこと。
    もともと「富士日記」や石井好子さんのエッセイなど
    言葉で書いてある料理を連想したり、レシピを頭の中で
    つくってみたりするのが(実際に作ることもある)大好きなので
    この本はまさにその欲求を満たすのに最適な本だった。

    気抜けごはんという名のとおり、肩肘張って作らなくては
    いけない料理ではなく、簡単に出来るものが多い。
    早速作ろうと思ったレシピが何個もあった。
    どんな味に出来るのか、楽しみ。

    リーダーこと高橋かおりさんのイラストもふわーって
    していて、文章の挿絵をじっくり眺めるのもとても楽しい。

    毎回毎回素敵な本を出してくれてファンとしては本当に有難い限り。

  • 「わざと手をかけないくらいの方が、素材がいきいきしておいしくできることもあるし、がんばらないごはんが、食べる人の心をほぐすことだってある」
    力の抜けた毎日の食事や、思いついて始まる友人との家飲み、とてもおいしそう。もちろん手抜きに見えても美味に仕上がるのは、徹底的に丁寧に料理を作ってきた何十年があるからだろうけれども。
    なれば20年以上ごはん作ってきた私も、この境地はめざしてもいいよね。あんまり力いっぱい作ったお弁当は疲れるから、受験の日はテキトーなやつにして、と娘にもかつて言われたよねー。
    おいしい読書だった。

  • 再読

  • この本のごはんは、おうちのごはん。
    それは簡単で、味が想像できて、おなかがきゅうっとなる。

    難しいことを書いてある本じゃない。
    エッセイと一緒にレシピも載ってる。

    お喋りの本。どれも美味しい。
    大急ぎで、普段使いのお鍋を出して、何がしか
    作って、ランチマット敷いて食べたくなる。

    日常の、お台所の覚書と、こころのなかの
    お喋りを一緒にしてあって…

    武田百合子さんの富士日記や、沢村貞子さんの
    ご本を思い出す。

    活字が細かいので薄暗いお部屋で読むのは向かないが
    ひなたのお布団の中でぬくぬく読みたい一冊。

  • まるくなって、ひとりになって、毛布にくるまって読む本。もったいないから、毎晩ねむる前にちょこっとだけ読んで、明日を乗りきるための滋養にしていました。

  • この人のエッセイは美味しそう。食材の描写が素晴らしい。

  • 頭でかっちな私は、料理するのにも力が入ってしまい面倒になることがしばしば。
    くいしんぼうの高山さんの文章を読んでいるとワクワクしてくる。お馴染みの料理でも、なんだか美味そう。
    手を抜いてもいいんだよ、美味しく食べればいいんだよ。って応援されているようでゴハンが作りたくなってくる。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。『諸国空想料理店 KuuKuuのごちそう』でデビュー。レシピ制作からエッセイの執筆など幅広く活躍。 著書に『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』『たべる しゃべる』、『押し入れの虫干し』『料理=高山なおみ』、『今日もいち日、ぶじ日記』『ロシア日記』、『気ぬけごはん』、『高山なおみのはなべろ読書記』、『きえもの日記』『ココアどこ わたしはゴマだれ』、『実用の料理 ごはん』(京阪神エルマガジン社)、『野菜だより』『今日のおかず』『日々ごはん①~⑫』『帰ってきた 日々ごはん①~③』ほか多数。近年は絵本制作にも取り組んでおり、画家・中野真典との共作として『どもるどだっく』、『たべたあい』、『ほんとだもん』、『くんじくんのぞう』がある。

「2018年 『たべもの九十九』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高山なおみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高山 なおみ
三浦 しをん
高山 なおみ
よしもとばなな
高山 なおみ
高山 なおみ
小林 聡美
高山 なおみ
高山 なおみ
高山 なおみ
有効な右矢印 無効な右矢印

気ぬけごはんを本棚に登録しているひと

ツイートする