デザイン・制作のセオリー―絶対はずせないデザインのお約束

著者 :
  • グラフィック社
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766118308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イラストや写真、図とともに説明されているため、とても分かりやすかったです。
    雑誌や冊子、書籍、広告、ポスター、カード、パッケージ、DM、送付物のデザインのセオリーがまとめられています。見やすいなどの視点からではなく、失敗しないための注意事項や素材に関してだったり、とにかく様々なことがまとめられており、グラフィックデザインに興味があるなら読んで損はしない一冊だったと思いました。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】727||S【資料ID】10703834

  • 前職で、制作案件があった際に
    あまりに無知すぎて、あせって買った一冊。

  • 雑誌や書籍、ポスターなどさまざまなものを作る時のデザインのセオリーを実例を挙げながらいくつかのポイントに絞って解説してある。
    専門的な内容も多いが分かりやすい。ただ、失敗例としてあげられているのが、あまりにもひどいもの(こんなの誰も作らないよ)というのが笑えもするが、もう少し工夫してはと思ってしまう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

佐々木 剛士:1979年生まれ。神奈川県出身、東京都在住。2001年、和光大学人間関係学部(現・現代人間学部)人間発達学科を卒業し、同年より1年間にわたり、日本エディタースクールにて編集およびデザインの基礎を学ぶ。02年から約3年間のサラリーマン生活を経て、現在フリーランス。

「2016年 『「伝わる」印刷物の基本ルール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木剛士の作品

ツイートする