編集デザインの発想法―動的レイアウトのコツとツボ570

制作 : Jan V. White  大竹 左紀斗 
  • グラフィック社 (2007年11月発売)
4.03
  • (12)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :96
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766118421

編集デザインの発想法―動的レイアウトのコツとツボ570の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ページものを作るときにいつも読み返す本。年に一度くらいしか作らないので、何度作っても基本の考え方を確かめる。

  • ヨーロッパのグリッドレイアウトを応用して、さらに動きを意識て見ていて「気持ちいい」デザインのテクニック。これを使いこなせたら、うまくなれると思う。紙面上のレイアウトだけでなく、意味としてのデザインも含むので編集者や代理店の名ばかりのディレクターなんかにも読んでもらいたいね。

  • 誌面デザインにおいて、あらゆる状況で「なぜそうするか」を解説した本。誌面のデザインが、ペラもののデザインといかに異なるか。読めば分かる

  • まとめるのが上手な
    中管理職的立ち位置の先輩(学生)お薦めの本。
    レイアウトの方法が分かりやすく図示されている。

    この本で勉強して、
    「きれい」な製本にしよう。絶対。

  • 仕事は業務アプリの構築をやってます。基本設計時、レイアウトのデザイン力のなさに愕然とし、「画面 デザイン」で検索して知った本がこれです。今月中に読んでから内容アップします。

  • ブックデザインの翻訳本。
    外国の説明書きが過剰でいいかんじ。
    読み物としても楽しいです。

  • 人の目はどうたどっていくか!!
    てところが興味深い。

    冊子を創るときに参考にしました

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
深澤 直人
有効な右矢印 無効な右矢印

編集デザインの発想法―動的レイアウトのコツとツボ570はこんな本です

編集デザインの発想法―動的レイアウトのコツとツボ570を本棚に登録しているひと

ツイートする