スーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべて

著者 :
  • グラフィック社
3.92
  • (10)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766118933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基本的なことが分かりやすく解説されていると思います。
    しかし表紙以外の本文のほとんどの図が専門学生によるものなので絵の稚拙さが目立ちます。
    完成図とされてる作例は一応なんとな〜くパースには乗っていますが、人物の比率や奥行の圧縮率がおかしいために読んでいて目眩がしそうです…キャラクターの身長が2m以上あるのでしょうか?
    評価の良い本だったため購入したのですがびっくりしてしまいました。このような本が教本としておすすめされている理由が全くわかりません。
    百歩譲って本当に何もわからない初心者が理屈の参考にするには良いと思いますが、作例をそのまま正しい図と思い込むと危ないです。
    作例は信じずに文章だけ読むと良い本だと思います。

  • パースの中にキャラを配置するテクニックが、豊富な作画実例で解説されています。漫画描くならぜひ持っておきたい本。
    もっと早くにこういう本が欲しかったなぁ。

  • パースの本はいくつか持ってますが、いまだにちゃんと理解できません。
    というわけで、この本を買うに至ったわけだが、これまでに買ったパース本の中で一番分厚いように思う。
    すぐに使えそうな作例がたくさん載ってるのがとても良いと思う。

  • ちょろっと参加させて頂いてます。

  • パースの勉強用

  • 「背景描くのが苦手です」「遠近法?何それおいしいの?」「描いてみたはいいが、何かキャラが宙に浮いてないか?」――等々、遠近法の描写が苦手な方に。

全7件中 1 - 7件を表示

林晃の作品

スーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべてを本棚に登録しているひと

ツイートする