パリを自転車で走ろう

著者 :
  • グラフィック社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766121735

作品紹介・あらすじ

パリのレンタサイクル、ヴェリブ。メトロでは景色を眺めることができず、バスが通るのはいつも同じ道。歩くのはもちろん楽しいけれど、おっくうになってしまうこともある…。自転車なら、自分の好きなルートを選んで目的地までスイスイ。一休みすることも寄り道だって思いのまま。ヴェリブは個人が自由に暮らしや人生をクリエイトする街、パリらしい乗り物なのだ。パリジェンヌ気分で、パリを自転車で走ろう!きっと知らなかったパリが見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりにパリに行きたいなって思って手に取った1冊。

    ゆっくり時間をかけて行くのだったら、こんんたスタイルがいいかなぁって思ってます。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

伊藤 文:パリ在住22年。立教大学卒業。コルドン・ブルーパリ校で製菓を修めたのち、フランスを拠点に食ジャーナリスト、翻訳家として活動。『マリー・クレール・ジャパン』の、フランス地方料理特集での執筆でデビュー。ザ・ウィンザーホテル洞爺のディレクターを務めた齋藤壽氏創刊の『料理王国』にて、齋藤氏の勧めにより寄稿をはじめる。訳書には、世界初の美食評論家グリモ・ド・ラ・レニエール著1808年刊『招客必携』。ジョエル・ロブション著『ジョエル・ロブション自伝』。エルヴェ・ティス、ピエール・ガニエール共著『料理革命』。リオネル・ポワラーヌ、アラン・デュカス他著『拝啓法王さま 食道楽を七つの滞在から放免下さい』。フランソワ・シモン著『パリのお馬鹿な大喰らい』など(すべて中央公論新社)。著書は『フランスお菓子おみやげ旅行』(東京書籍)、『パリを自転車で走ろう』(グラフィック社)など。2013年、プロジェクトチーム “食会”を立ち上げ、webマガジンをバイリンガルで創刊。食に関わる様々なジャンルの人々を日仏でつなぎ、新しい食文化を創造する。ボン・マルシェやメゾン・ド・オブジェ等のイベントにも参加。

伊藤文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
阿部 了(写真)
山本 ゆりこ
内田 也哉子
村上 春樹
カイエ・ド・パリ...
菊池 亜希子
飯島奈美
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする