デザインのひきだし13

制作 : グラフィック社編集部 
  • グラフィック社
4.12
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766122442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 印刷会社が発行する、雑誌"The 印刷の実験室"

    毎回、ここまでやるかというくらい、様々な紙種類に実験的に印刷した表現が見れる。

    この13回では特に、マイナーな印刷方法に主眼が置かれていて
    雑誌のモノ字体が青焼き+特色:金で存在感あり!


    ガリ版という日本でただ一人の職人へのアクセス方法や
    低価格ながら手書きの味を出せる手法をアーティストが競い合ったり、その手法が出来る印刷屋さんへの連絡先も書いてある。

    紙面レイアウトも動きがあって、とても勉強になります。
    おすすめ!

  • 展覧会DM制作のための情報収集用に読んだ。印刷を頼める会社リストが便利。

  • 小部数印刷特集
    表紙の青焼きに箔押しはかなり保存がし辛い
    (薄い&紙の劣化が早い)
    リソグラフやピンクマスターの実例はデジタル化が進む今でも(だからこそ)目新しく、
    ハッとさせられる

  • いきなり表紙が青焼き!!「青焼き風」ではなく、まんま青焼き。そしてその上に箔押しという、いつも通り豪華な表紙。
    で、ピンクマスターやリソグラフ、ガリ版まであったりして、個人的には懐かしい印刷のオンパレード(実物を見たことのないガリ版除く)オンデマンド印刷の印刷見本もついていて、機種毎の刷り上がりっぷりの差にびっくり。レーザーです!ってのから、割に印刷に近いのから…
    リソグラフも今となっては学校でしかやってないのかと思ったら、受けてる会社のあることにビックリ。あの味のある印刷は、いつか何かで使ってみたい……
    文字の記事では字游工房の鳥海さん(ヒラギノ作者)のがっつりインタビューもありと、今回もかなりのボリューム。
    今更ながら、印刷印刷した見た目ながら、記事を読むと意外とデザインの骨子の話もしていたりで、見た目の割に硬派なムックだと思います。

  • 買いました。
    初のデザインの引き出しシリーズです。
    いろいろきっかけを投じてくれる構成かと思います。気になることがあったら大抵はnetで調べられるので、netと相性のいい本だなと思いました。

    愛情を感じる本ですね


    おしまい

全5件中 1 - 5件を表示

デザインのひきだし13を本棚に登録しているひと

ツイートする