民藝の教科書2 染めと織り

著者 : 萩原健太郎
制作 : 久野恵一 
  • グラフィック社 (2012年8月6日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :78
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766124071

民藝の教科書2 染めと織りの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784766124071

  • 高千穂カフェにて

  • ほしい。

  • 染物や織物の職人に憧れます。

  • 布も大好きなので、このテーマもとても楽しめます。

  • 日本各地の織物について製法なども交えて説明されています。

  • つまみ食いではなくて、コレだ!というものを見つけたい。とことんのめり込んで、知識と技術を研究して、人に語って煙たがられたい。でも、自分は満足。気づけばオーラを放っている。

  • タイトル通り、染めと織りの民藝品について扱った教科書だ。
    民藝、というと、作中でも述べられているがどうしても器のイメージが強い。そんな中、日本各地で昔ながらの伝統技法であったり素材であったりを大切にしながら制作を続けている工房や会社が紹介されている。
    どういった染物、織物が日本には存在するのかということもカテゴライズして説明されており、興味深かった。
    民藝ブームで器は脚光を浴びる機会が増えてきたけれど、布はなかなか生活に取り入れるのも難しく、すぐに大量に生産できるわけではないので価格も高くなりがちで課題を多数抱えていることも理解できた。
    それでも作り続けている人がいるっていうのはすごいことだな。

  • 「民藝の教科書1 うつわ」に引き続き目を通してもらいたい。
    地域固有・バナキュラーなものは、なにか琴線にふれるものがある。本書は誰にでもわかりやすいしとっつきやすい、本当に教科書だ。

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02164550&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 継承や復興に尽力している(してきた)人々に心打たれました。民藝、素晴らしいと思います。写真も多く読みやすかったです。

全11件中 1 - 10件を表示

萩原健太郎の作品

ツイートする