堕落部屋

著者 : 川本史織
  • グラフィック社 (2012年12月29日発売)
3.64
  • (10)
  • (14)
  • (18)
  • (1)
  • (2)
  • 197人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766124613

作品紹介

ゲーム機器と珍味が同居する、歌って踊れるゲームアイドル/手作りの仮面が散乱するデザイナー/楽屋が本日のマイルーム、ゴスっ娘大衆演劇役者/男根がインテリア、豪邸に住む主婦/ホラーゲームの研究をする東大院生/お宝は、潰れたティッシュ箱の劇団員(社畜)/大阪の馬好きポニー娘/BL大好きOL/蒐集癖が止まらないパティシエ/服に埋もれるアイドルetc…総勢50人。マンガ、アニメ、ゲーム、アイドル、鉄道、映画、フィギュアなど、おたく属性・マニアック女子の部屋とポートレイト大公開。

堕落部屋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女子たちの写真集を買ったことはあるけれど、偏った趣味を持つ女子のお部屋の写真集は人生初です。

    私がイメージする(本来の意味から外れている可能性があること断っておきます)“サブカル女子”を煮詰めて転写しました!って感じの一冊です。

    部屋はヌードよりえろい的な売り文句ですが、えろいというより、ワクワクする意味でのドキドキ。人の本棚をみてその人がうっすら分かるくらいなんですもん、部屋なってその人そのものかもしれません。

    個人的に大好きなでんぱ組メンバーのお部屋が見れるのもうれしいです♪他にも、こんなオタクな趣味を隠し持ってるとは思えない美少女も観れて一粒で二度美味しい。

    女の子と一緒に部屋を撮るというところにギャップの面白さが際立っているとおもいます。

  • 好きな物への埋もれ具合が部屋を見ることで楽しめた。

  • アイドル志望とモデルの多さに驚きました。

  • 一般人からアイドルまで各人の部屋を写した写真集。「堕落部屋」というタイトルから、最初は「汚部屋」の写真集かと思ったけど、「汚部屋」の写真はほとんどなかった。「堕落」ってこの部屋にいるとリラックスしすぎて堕落するって意味だと理解しました。あと、他人の本棚にどんな本があるかが興味あるので、本棚の中身がわかるぐらいはっきりと写してある本書はGOOD。しかも自分の好きなマンガや本が写っている部屋もあったので、ちょっとうれしかった。あと、撮影者の部屋にアッガイのガンプラがあったのもうれしい。おまけにしまおまほの部屋の写真があったのはうれしいサプライズ。

  • オタクな女の子の部屋の写真集。

    正直、埃とか掃除したんだろうなとは思うのだけれど逆にその辺が作られた部屋っぽい。
    微妙に綺麗過ぎる。
    すっきりさっぱり何も持っていない子が二人で、その部屋のほうが羨ましかった。

  • やっぱりTOKYO STYLEって面白かったんだなぁ。

  • どうかしてる。こんなにモノが多くて、どうやって掃除するんだ?どうかしてる。

    生活の残滓は、なぜこうも痛ましいのだろう。

    収集癖のあるサブカル系アーティスト(?)の部屋写真集。どうかしているけど、コンセプトがはっきりしているので、おもしろいことはおもしろい。モノを詰め込みすぎて引き出しがゆがんだテーブルは、インテリアの参考には間違ってもならないけれど。

    何もない部屋って、やっぱり良い。空白って贅沢だ。
    私は何もない部屋に住みたい。

    キャラシーツやキャラクターの抱き枕があるのは知っていた。キャラクターの枕カバーやのれんやタオル、毛布まであるんだ。正気か。

    ハリウッドの女優達の朝の風景を集めた写真集が見たくなった。

  • ちょっと変わった女子の部屋を撮影するというこれまたちょっと変わったコンセプトの写真集なのだが、これがなかなかに興味深い。ちなみに、この「ちょっと変わった」を「どこかイカれた」に変更しても、この本のコンセプト紹介として特に問題ないと思われる。
    部屋を覗き見する、といったような謳い文句が付されているけど、正直に言うと現実から少し乖離した箱庭感がある。写真の撮り方もあえてそんな風にしているのだろうけど。なーんて書いていたらアラーキーの東京ヌードを思い出した。思い出したら、相対的に評価が下がった。
    とはいえ、出てくる女子のポートレートとセットで色々な妄想も楽しめるので、妄想好きのあなたにはオススメです。

    まぁ大きい声では言えないが、立ち読みでもいいんじゃない?!

  • 部屋の中の本棚にあるタイトルとか、”ウォーリーを探せ”感覚で新しい発見があるのでトイレに置かしてもらってます。

  • 私は、他人の部屋を見るのが大好きで、雑誌や書籍は勿論、ネットでも
    色々な方のお部屋を拝見しております。

    企画される、お部屋拝見で取り上げられるのは、著名人、インテリアの達人、
    コレクター、などなど、目にも麗しいお部屋が多く、
    賃貸住宅6畳の城主である、特筆するほど個性のない私には、夢まぼろし、幻想郷。
    所詮、住む世界が違うわ!といった感じです。
    勿論、他人の部屋を見たいという欲求は満たされるので、いいんですけどね。
    ゴミ箱とティッシュの置いてないリビングとか、やっぱり幻想ですよね。

    さて、この本は、所謂おしゃれな素敵部屋の持ち主は掲載されていません。
    むしろ、ゴミ箱とティッシュは所望しましたが、食後の食器とか、
    飲み終わったPETボトルとか、そういうのは片付けてくださって構いませんから!という、ギリギリnot汚部屋ルームや、
    ほとばしるパッションと、飽くなきリビドー溢れる伏魔殿ルームなどなど、
    『堕落部屋』というタイトルにふさわしいお部屋ばかりです。
    さらに、城主様のご尊顔が拝めるといった特典つき。ありがたいですね。

    地下アイドルな方や、コスプレイヤーなどの、なかなか自己顕示欲の深そうなメンツ揃いで、ちょっと胸焼けしそうなのですが、
    テレビのホコリすらも掃わないような、ありのままの部屋は
    なんだかヌードを見ているような感じで興奮しちゃうんじゃないでしょうか。
    ただ、私はその“ヌード”に興味がないので、★4から-1で★3です。
    どちらかというと、ラッキースケベ派なので。

全18件中 1 - 10件を表示

川本史織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川島小鳥
ジェイムズ・P・...
久住 昌之
伊藤 計劃
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

堕落部屋を本棚に登録しているひと

ツイートする