地元パン手帖

  • 182人登録
  • 3.49評価
    • (4)
    • (13)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 甲斐みのり
  • グラフィック社 (2016年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766128284

作品紹介

あの町の、この味も。食パン、メロンパン、コッペパンなどの定番から、総菜パン、菓子パン、ユニークパン!!旅して集めた"いい顔"揃いのご当地のパン、200個超!

地元パン手帖の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20-2-4

  • 徳島からはロバのパン屋。岡山キムラヤ、バナナロールも掲載。

  • ながめているだけで、わくわくしました。その土地ならではのパンって楽しい!旅に出たときにいちばん楽しいのは、地元のスーパーや商店、パン屋さんをのぞくこと。私のなじみの味はペリカンの食パンとカトレアのカレーパン。そうだそうだ、パンのお供の牛乳にも地元牛乳ありましたね!次の旅からは注目しなくちゃ。

  • 全国のローカルなパンの紹介本。
    パンのみならず、名称、パンの袋、名前(店、パン)等、
    広い視点で蒐集している。
    同じ名前でも地方で異なるパンがあったり、
    昔、西洋から渡ってきたパンがどのようにして、
    それこそ試行錯誤で作られ、広まったのかが窺えます。
    やっぱり学校のパンっていろいろ影響があるのだなぁと、しみじみしちゃう。
    旅行したら買ってみたいなぁという気にもさせてくれますね♪

  • チョコバターサンド 武藤製パン 秋田
    ビスケット たけや製パン 秋田
    あん食 トミーズ 兵庫

    食べたい

  • いつもながら、甲斐みのりさんの本は眺めて楽しい。可愛らしい地元パンがたくさん載っている。甲斐さんのご本には、可愛らしいの中にも、情報収集能力と調査力の高さが溢れ出ていてドキドキするのです。

  • はああああ……!!!!!パン……!!全国のご当地パン……!!の中身と袋とロゴ!そしてシンボルキャラ!!
    それらがフルカラーでひたすら紹介される写真集。販売店の情報も添えられているけれど、これは間違いなく写真集。グルメ本とは違って取材文が殆どなく延々と簡単なキャプションとパンの写真が続くところがたまらない。パンに合うからといって、唐突に挟まれる「ご当地牛乳」ページもいい。
    何より多くの写真が「パンがパッケージ袋に入った状態」であるのが最高。そう、中身と袋を分けた写真では趣が半減するの!分かってるううううう!!!
    勿論中身だけの写真も添えられている行き届きっぷり。
    新潟のサンドパンのロゴや丸二製菓のコックさんなど、どのパンも素晴らしく愛らしくてもう抱きしめたい。
    西の方では一般的なメロンパンを「コッペパン」、アーモンド形のパンを「メロンパン」と呼ぶ地方があるらしく、読んでいたら混乱してしまった。
    この本を楽しむには、以下のような人が向いていると思う。
    ●ふっくらつやのいいパンを見て「美味しそう」より先に「可愛い」と口走る人
    ●袋に入った山型パンを見て「この、山の、ここの感じが可愛い」とうっとり写真を撮っちゃう人
    ●率直に言うと“ダサい”に限りなく近いレトロなパンのパッケージやキャラにときめきすぎてつらい人
    ●透明なパッケージ袋から見えるきつね色のパンの「顔」がいとおしい人
    勿論全て当てはまる私はページを繰りながらごろんごろんと悶えるほどに「可愛くて」「ときめきすぎて」「美味しそう」なパンの世界を堪能した。久しぶりにカステラパン食べたいよ~~!(カズハ)

  • 懐かしいパン屋さん。

  • 東京などでは海外のブーランジュリーがどんどん進出してきて、1個200円以上は当たり前の高級パン戦国時代到来を感じる昨今ですが、地方のパンにもならではの魅力があるもんですね。
    パッケージだけ見ても、ちょっとチープだったり、レトロだったり、スーパーやコンビニで売っているパンともブーランジュリーノパンとも違う、ほっこりとした日本らしい趣を感じました。
    ミルクボックスやサラダパンなどの全国でも知名度が高まってきたパンは勿論のこと、まだまだしらないご当地パンはいっぱいあるんだと思うと、見ているだけでワクワクしてきます。
    いつかこの本を片手に日本列島パン行脚がしてみたいです。

  • そこでしか食べられない地元パン。レトロでキッチュな包装にほっこりネーミング。戦後の子供の食を支えてきた、時代を真空パックでまんま残ってきた地元パンの愛らしさといったらない。

    実は中身が白あんの愛知県「くろんぼパン」にザワつき。
    異形な上ジャム入り、その名も「水虫パン」は福島。
    ”ぶりっ子”が流行った頃発売された北海道「チョコブリッコ」

    あぁこの本片手に日本全国地元パン巡りの旅に出たくなる。

全16件中 1 - 10件を表示

甲斐みのりの作品

地元パン手帖を本棚に登録しているひと

ツイートする