日本のブックカバー

制作 : 書皮友好協会 
  • グラフィック社
3.71
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :153
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766129328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館で・書庫】お店で付けてもらうブックカバーは楽しい!よく行く本屋のカバーは昔から変わっていないので、かけてもらうことって少ないけど、旅先で本を買う時はカバーを付けてもらおう!と思いながら眺めていました。

  • ブックカバー、かけますか?かけませんか?わたしはかけたい派なので、本屋さんで買う時はいつもかけてもらっています。でも一種類だけだと本棚がさみしい。ということでいろんな本屋に足を運び、本棚をカラフルにしようと企んでいます。この本は、全国津々浦々の書皮(ブックカバー)や書皮にまつわるコラムがあり、書皮愛あふれる一冊になっています。いいなと思うのがあっても、現在は閉店している本屋さんも多くて残念です。わたしも最近ネットで買うことが多かったので、本屋さんで買わなきゃいけないと改めて感じました。

  • 「書皮」という言葉を初めて知った。最近は本を買うことが少なくなったので、書店のカバーに触れることが減ったけれど、思い返せば素敵なデザインなんだな。昔買った本のカバーも、今あらためて見返すといい。
    2017/6/3

  • 書皮(ブックカバー)の絵画、写真、ロゴ、色づかい。デザイン豊かな日本カルチャーの我々読書家には魅力的な写真集。あ゛〜〜っ!失敗だったなぁ〜トホホ。今まで日本各地に行っているのに、そこで本を買う事をしていなかった(地元から持ち込んでいたから)人生をやり直したくなるくらいの衝撃。それくらい全国各地にワンサカ素敵なブックカバーが溢れています。自分としては、紙質も重要なポイントなんだけど、この本からはわかりかねるのが残念。本を買いブックカバーをかけてもらっている時を妄想しながらウットリ読了(笑)

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784766129328

  •  いいなと思ったブックカバー・・・川又書店エクセル店(水戸市)/うさぎ屋(川崎市)/月と六ペンス(京都市)/旭屋書店[1967年]/パルネット(大阪狭山市)/うさぎ屋(宇都宮市)/宝文館(神戸市)
     本に関する格言が書いてあるようなカバーもいいな。引用は、いわた書店のブックカバーの言葉。「王荊公勧学文」調べて読んでみたい。

  • 書皮と言われる、本屋さんでかけてくれる紙のカバーを集めた本。

    持っている書皮、近くの本屋や旅行先で行ったことある所だと興奮する。
    マニア向けっぽい。。。

    本屋さんがなくなっていく中貴重なもの。お金にはならないけど。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本のブックカバーはこんな本です

ツイートする