一汁一菜でよいという提案

著者 :
  • グラフィック社
3.95
  • (161)
  • (198)
  • (133)
  • (21)
  • (4)
本棚登録 : 2759
感想 : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766129540

作品紹介・あらすじ

食事はすべてのはじまり。大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイル。合理的な米の扱いと炊き方、具だくさんの味噌汁。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • NHKきょうの料理他のレシピ番組は拝見しているが、土井善晴さんの本は初読。しかも購読。この本については話題を聞いて珍しく手に入れて何度も読もうと思ったのである。

    忙しくて料理をする時間がない人たちに対し、世の中は「時短レシピ」や「手抜きレシピ」を推奨した上で、毎度豪華(に映える)食卓を理想として掲げる風潮にある。でも、あえて土井先生は方向を変えた提言をする。

    曰く
    日々の食事は一汁一菜で十分。ご飯、味噌汁、お漬物等のおかず。味噌汁の具を工夫すればそれで十分日々の食事は賄える
    と。

    そして、実際に土井先生が日常召し上がっている、一汁一菜の食事メニューの写真が掲載されているのだが、確かに簡単そうで手抜きそうで丁寧で、美味しそうなのである。これなら出来るかなぁと思える。

    一汁一菜は手抜きではないということである。ご飯を炊いて味噌汁を作る。具だくさんの味噌汁ならそれがおかずも兼ねる。あとはお漬物…それで十分自炊なのである。真心のこもった料理なのである。

    シンプルライフ、ミニマムライフにあこがれを持っている俺、その神髄は最小限なモノを丁寧に使って丁寧に生活することだと解釈しているんだけど、土井先生の一汁一菜の考え方はまさに色のシンプル化ミニマム化に相当するんじゃないだろうかと思う。何も「一汁一菜」を絶対守れというものではない、中華や洋食を食ってもいいしパンでもパスタでもいいのである。ようは「一汁一菜」が根底にある、という余裕をもとうってこと。乾燥ワカメに出汁入り味噌を入れたお椀にお湯を注ぐ、後はご飯(作り置きのチンご飯でもいい)と梅干。根底がそこにある自炊生活なら、頑張れそうに思えてくるじゃないか。

    共働きの我が家庭、最近は妻もどんどん忙しくなっている。でも一汁一菜なら俺だって、ひょっとしたら子供だって、炊事はできるはずである。

  • 凄い本だった。
    久々に時間が伸縮した。それだけ集中したのは何時ぶりだろう。

    これは食べ方の話とか、調理の話ではない。生き方の話なのだ。ひいては、日本人としての哲学の話なのだ。
    心打たれた。
    日本人として生きるということを、食の面から考えたことがなかった。
    これから何度も読み返すだろう。

  • 題名も良かったし、有名な土井先生の本ということで、かなり期待して図書館で予約、
    待たされてようやく手元にきました。

    期待はずれ。
    期待しすぎたのもあるんでしょうけど・・・・。

    これは「提案」で、
    なんというか・・・宗教?じゃないや、哲学の本???
    「日本人観」を考える本、だと思います。
    土井先生も「思想」「美学」「日本人としての生き方」と言ってます。

    結局、土井先生のこの「思想」「美学」が好きかどうかが
    この本を好きかどうかなんだと思います。
    ・・・残念ながら、私は苦手。
    しかも個人的には「その歴史観はちょっと違うのでは。あまりに懐古的、昭和男子。」と思うところが多々あり、です。

    土井先生は「読む」より「聞く」ほうが爽やかで素敵です。


    一汁一菜で食べてたらこういう献立がありますよ、
    その場合は、こういう栄養素が足りなくなる恐れありますよ、
    とか、
    その場合は、こういう食材足してね、とか、
    サプリ飲んでね、とかいうことは書いてありません。
    ご飯少な目にして、たんぱく質多めにね、とか、
    そういうことは、一切書かれてません。
    レシピ本ではないです。人生観なので。

    味噌汁に何でも入れていいので、
    でっかいピーマンが入っている味噌汁の写真も載ってます。
    (目から鱗っていうか、ビックリしました)。


    食事の「ハレ」と「ケ」の考え方は好きです。
    でもちょっとついていけない感じがしました。
    これだったら敬愛する荻野氏の「好きなものを食っても呑んでも」や
    母にプレゼントした藤村氏の「罪ほろぼしレシピ」のほうが、私は好きです。

  • 土井さーん!ありがとうー!
    料理研究家が、「食育?一汁三菜?そんなの言い出したの最近!一汁一菜で充分!」と言ってくれるのは、実行しなくとも気持ちを楽にしてくれる。
    更に、味噌汁は薄くても濃くても美味しいとか、家庭料理は素材をいじくらないでなるべく手間をかけないのが美味しい、いつも同じでいいそれが安心になる、などなど抱きつきたくなる発言がいっぱい。
    料理書というより土井さんの思想エッセイ。
    でも載っているお味噌汁はどれも最高に美味しそう。
    味噌汁と香の物を続けると塩分大丈夫なのかなというのと、日本人ならではの〜日本人らしさ〜日本人の繊細さ〜という辺りは私には合わなかったが(国によって表れ方が違うだけだと思う)、毎日の献立に苦しんでいる人、苦しめている人、苦しめていることにも気づいていない人、皆様是非。

  • 家庭の食事に美味しい不味いはいらないと言われてほっと。ついつい一人暮らしで、楽なものに頼ってしまうけど、もう少し丁寧に暮らしていきたい。

  • ひとり暮らしを始めてから、毎日ちゃんと頑張って食事(イメージは一汁二菜ぐらい)を作らないと…と気負っていた気持ちがふわっとほどけた。

    具沢山のお味噌汁と白いご飯、それからお漬け物。
    それだけで体も心も満たされるDNAが、我々日本人には元来組み込まれているのだと、この本に教わった。
    確かに、まずお味噌汁をひとくち飲んだときの安心感は、言葉にできないものがあるもんな…。

    しかし土井先生、話し言葉だけでなく文章もやわらか。
    美しい言葉で決して押しつけがましくない本文は、『提案』というタイトルがぴったり。
    この本、是非想像力の中での五感をフル活用して読むことをお勧め。

    日々のごはん作りが、ゆったりとした気持ちでできそう。

  • 温かく優しい一冊だった。

    うちの母は料理嫌いな人だったし、わたしは朝ご飯は菓子パンがふつうという家で育った。当然、料理を教えてもらう機会などなかったし、家庭科で習った料理を家で作ろうとするのも嫌がられた。そんなわたしも、一人暮らしを始めてからは最低限の料理ができるようにがんばったけど、大学に入ったころは目玉焼きも本を見ながら作るありさま。苦手意識はずっと消えず、元夫にはおかずがワンパターンで飽きたと、作ったお弁当を捨てられる始末だった。

    こうなると、ますます料理が苦手になるどころか恐怖になる。今、登山教室というところで時々食事担当を受け持っているけれど、面倒とかいう以前に実は恐怖のほうが大きかった。誰も食べてくれなかったらどうしよう。こっそり捨てられたらどうしよう。

    実際はもちろんそんなことはなく、山では何でもおいしくて、恐怖心もすこしずつ消えてきた。誰かに食べてもらうということへの恐怖心が。肩に力が入りすぎていたかもしれない。

    今は一人暮らしなので、毎日の食事もどんどん適当になっていた。でも、「適当」にもいろんな方向性があるんだなぁと。こんなふうに力を抜いていいんだなぁと。本当の意味で適当になっていけるように、もうすこし毎日の食事に気を配っていきたいなと思った。たとえ、自分だけが食べるごはんでも。

    お手伝いさんのいるような家で育った母も、力の抜き方がわからないまま料理が嫌いになってしまったのかもしれないな。初めて、そんなふうに考えることができた。

    まずは、おいしいお味噌を買ってこよう。

  • この本は、ご飯を作るのがたいへんだと感じている人に読んでもらいたい本です。毎日の献立を考えるのが負担になっていたり、一人暮らしで作るのが面倒だったりする人は、ぜひ一汁一菜を試してみてほしいのです。

    ご飯、お漬物、そしておかずを兼ねる具沢山のお味噌汁があれば、美味しいごはんはできます。それだけでいいの?と思うかもしれませんが、それだけでいいのです。

    メディアで「美味しい」ともてはやされている食べ物やSNSで話題の料理など、現代の食生活は豊かで、美味しいと感じるものは沢山あります。しかし、それは脳が喜ぶ美味しさで、身体全体が喜ぶ美味しさとはちがいます。
    ひじきや切り干し大根などわたしたちが「普通においしい」と思うようなもの、その「普通においしい」という感覚は正しいと思います。食べ終わった時に感じる心地よさとか、からだが綺麗になったような感じ、それを大事にしたいと思うのです。

    昔は外の中の仕事も家の中の仕事もつながっていましたが、今は外の仕事のほうが重要視され、暮らしがおろそかになっています。でも、幸せは家の中、暮らしの中にあります。

    大人だけでなく、子どもたちにとっても食べるものは大事です。なぜなら子どもは親から与えられたものを食べるしかないからです。
    「この野菜はおばあちゃんちで採れた野菜だよ」「旬の果物だよ」「新米だよ」という情報とともに、子どもに説明するのも大切なことです。子どもは家庭料理から栄養と愛情を受け取り、食べ物について多くのことを学びます。その子が大人になって、誘惑の多い食情報に出会っても、ちゃんと基準をもって判断できます。

    一汁一菜でよいので、誰が作ったか分かるものを食べる経験を重ねることで、慎ましくも豊かな暮らしができる。
    たまにはこういう本を読み、「一汁一菜でよいのだ」と、肩の力をふっと抜いてみませんか。

  • 一汁一菜、ハレとケのバランス...
    食事の原点を教えてくれる本でした。

    現代の食事は、なんか仮装パーティーのようで、見栄えがすることが最優先になってしまっている。
    そうでなくとも、毎日献立を考えなきゃいけない。

    引用
    " 多くの人が、ハレの価値観をケの食卓に持ち込み、お料理とは、テレビの食番組で紹介されるようなものでなければいけないと思い込んで、毎日の献立に悩んでいるのです"

    献立なんかいらん、ごはんと味噌汁があればいいんだよと。味噌汁に豆腐やあぶらげ、季節の旬の食材を入れたら、椀の中で栄養たっぷりの一汁一菜が出来上がっている、という提案です。

    いやー素晴らしい。
    ほっこりした語り口が読んでて脳内で再生されました。

    テーマは食事ですが毎回ご馳走じゃなくてもいい、メリハリのきいた、地に足のついた生活(生き方)をしなさいよ、と言ってもらえてるように受け止めました。

    なんか日常にカッコつけなくていいんだなと肩の力が抜けた思いです。
    (もともと、料理をはじめ世間体などを取り繕うことへの情熱が全くない私でさえ力んでいたのだから、世の中、どれほど多くの人が、「きちんとしなきゃいけない」とプレッシャーを感じていることだろう!)

    日常のお味噌汁の写真が美味しそうで良かったですね。


    一方、なんか日本礼讚な語り口も散見されてちょっとなあ、と思う文もありました。
    西洋の食事だって普段はパンにチーズに豆にハム、とかでしょ。私たちのお味噌に豆腐におつけもの、と変わらない、日常を慎ましく生きる文化は各国にもあるやろ。
    ※別に土井先生が西洋を貶している訳ではなく、言葉の綾レベルの話と思いますが。
    でもそういうのは編集で直してほしかったなぁ。


  • 食事の基本形は一汁一菜(お味噌汁とお新香)でよい。無理して何品目も作るより、一汁一菜を毎日続けることの方が、心身の健康を自然に維持できるし、食を通した教育にもつながる。

    和食ってユネスコ無形文化遺産に登録されていたと知らなかった。生まれが田舎なので、季節の食材を使った食べ物などが頻繁に食卓に並んでいた。子供の頃は何とも思わなかったけれど、大人になって考えると、それは結構手間がかかる大変なこと。自分はちゃんと愛情を受けていたんだという確かな思い出として蘇ってくる。おばあちゃんとお母さんには感謝しないとなー。

全252件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

料理研究家・土井 勝の次男。芦屋大学卒業後、スイス、フランス、大阪で料理修業。土井勝料理学校勤務の後、1992年に独立、「おいしいもの研究所」代表。十文字学園女子大学特別招聘教授、甲子園大学客員教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。1987年より『きょうの料理』(NHK)などに出演する。著書に『一汁一菜でよいという提案』『くらしのための料理学』『土井善晴のわが家で和食全101巻』『土井善晴の素材のレシピ』『料理と利他』など多数。

「2021年 『お味噌知る。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土井善晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
恩田 陸
小泉 今日子
宮下奈都
エラ・フランシス...
村田 沙耶香
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×