なな転び八起き

著者 : 久保純子
  • グラフ社 (2004年1月発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 10人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766207903

なな転び八起きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クボジュンも私達と一緒でフツーのお母さんなのね〜と身近に感じられる一冊。

  • ページ数も少なめで、サクサクっと読める軽いエッセイ。

    華やかな仕事だけれど、わが子を預けて駆け回る姿の影には耐えず心の葛藤があるんだろうなぁとしみじみ・・・。

    「ベビーシッター4〜5人でローテーション」というのには驚きました。




  • 【資料ID】59246
    【分類】599.04/Ku12

  • 久保純子さんを知りたくて読書。

    七菜ちゃんが大人って読むと嬉しくなるだろうなと思えるような内容。著者の素敵な性格、人柄などなどがよく読み取れる。

    ストレスも苦労も多い子育てを通じての喜びや親としても成長していくんだなと感じた。女性の視点で語られる子育ての様子は非常に大変そうに感じる。

    大切なことは周りのサポート、保育園、ベビーシッターなどの環境。そして、相談できる小児科の先生、ママ友、家族、親戚の力の大きさを感じる。

    旦那さんも著者のご両親も立派な品格と思いやりがある人だなと思う。

    3つの「Don't」=「人に迷惑をかけない、笑顔をたやさない、感謝の気持ちを忘れない」
    「こんにちは、ありがとう、ごめんなさい」がいえる人間。

    成績を上げることよりも他人や友だちの気持ちになって考えられる人間になることの方が大切だと教師時代に指導の先生からいわたことを思い出す。

    果たして将来自分に子育てができるのであろうか。

    読書時間:約35分

全4件中 1 - 4件を表示

久保純子の作品

なな転び八起きはこんな本です

なな転び八起きを本棚に登録しているひと

ツイートする