与謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶

著者 :
  • グラフ社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766208726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 反戦や非戦を訴えた歌人と知られる与謝野晶子だが、実は戦後左翼により牛耳られた教育界によって歪曲されたイメージであり、実情は夫である鉄幹と12人にも恵まれた子供たちを愛し続けた戦前における最高の知識人であった。共産主義が蔓延する社会背景の中でも徹底した女性としての在り方を唱え共産主義に侵された性別観を看破している。
    しかし、敗戦と供に男女平等といった観念が生まれ、死滅したはずジェンダーフリーが台頭し、男女共同参画という大義さえ与えられてしまい、子供の出生率は破壊され日本は自壊に至る。
    本書において非常に参考になったのは与謝野晶子という人物が歌人という枠に収まらず戦前における最高の知識人であったこと、アメリカにおいてジェンダーフリーという考えは既に駆逐された考えだということ、戦後左翼により支配された日本はジェンダーフリーについて先進国だということなど大変明瞭なものだった。

  • ジェンダーフリー思想の異常さを考察した本。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

筑波大学名誉教授

「2013年 『尖閣防衛戦争論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川八洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする