旅は自由席

著者 : 宮脇俊三
  • グラフ社 (2007年4月発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766210620

旅は自由席の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ● 日本の各地を旅行してみてつくづく感じるのは、「日本は広い」ということであり、その広さが多彩な変化をともなっていることである。だから、さして日本国内を旅したことのない人が、軽々しく海外旅行に出かけるのをみると首を傾げたくなる。どこへいこうとその人の自由であるけれど、「日本は狭い」などと簡単に言われると腹立ちを覚える。せめて冬の北海道の流氷ぐらいは知ってから外国へいってほしいと思う。

    ● だいたい、「東海道」が関ヶ原を通るのはおかしいのであって、ここは中山道の宿場であり、北陸街道の入口である。

全1件中 1 - 1件を表示

旅は自由席のその他の作品

旅は自由席 (新潮文庫) 文庫 旅は自由席 (新潮文庫) 宮脇俊三
旅は自由席 単行本 旅は自由席 宮脇俊三

宮脇俊三の作品

旅は自由席はこんな本です

ツイートする