でっちあげられた悪徳大名 柳沢吉保

著者 : 江宮隆之
  • グラフ社 (2009年4月27日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766212426

でっちあげられた悪徳大名 柳沢吉保の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉保推しの方が書かれてる本で、牧野だけでなく吉保好きの人にとっても楽しい本だと思います。
    牧野の話も多めに載っていて、吉保の父が危篤となったときに綱吉から頼まれて牧野が遺言を訊きに行った話も書いてあります。
    それと綱吉の死についても詳しく書いてあってありがたかったです。

  •  柳沢吉保といえば、よく時代劇の悪役として名前が挙がります。しかし、一代で15万石の大名にまで上り詰めた手腕は、並外れていたに違いありません。
     この本では、歴史に忠実に基づき、悪役のイメージを払拭すると同時に、名政治家としての一面を分かりやすく紹介しています。一度読んでみれば、これまでと違った柳沢吉保像が見えてくるはずです。
    岐阜県図書館のページ
    https://www.library.pref.gifu.lg.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh?p_mode=1&kgrn=0&tso=on&idx=1&g_mode=0&ksno=20038685

全2件中 1 - 2件を表示

江宮隆之の作品

でっちあげられた悪徳大名 柳沢吉保を本棚に登録しているひと

ツイートする