1週間で会社が変わる!採用の教科書〜絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方〜

著者 :
  • グラフ社
3.83
  • (6)
  • (10)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766213164

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 欲しい人材を明確にして、欲しい人だけをとる。
    当たり前のことながら、人材不足の昨今ではつい人数を集めることだけを目的としてしまう。
    応募はたくさん来なくてもいい。会社の求める人が必要な人数だけいればいい。
    採用基準と採用担当者の育成、そして今働いている職員たちが理解できるようにする。
    求人広告にいくらかけても集まらないなら、その労力を広告出稿の前段階に使うことにも価値があるのかもしれない。

  • 同じことを繰り返してボリウムを稼いでいる感があるので★マイナス1。

  • 【読書その72】民間企業の採用活動はどういう理念・やり方でやっているのかに興味を持ち、手に取って読んだ本。
    やみくもにただ採用するのではなく、企業理念と行動の明確化を図り、それに沿った採用活動を行うことが大事。

  • 長年試行錯誤しながらたどり着いた内容が結構ありました。最初に読んでいれば苦労せずに済んだと思うべきか、独学でたどり着いた方法が正しかったと喜ぶべきか少し悩みます。
    採用担当者やこれから採用を考えている経営者の方は読んで置いて損はありません。

  • 当たり前だけど実践できてない事が書かれていて、実践するための手順が書かれているマニュアル。採用以外でもビジネス全般に活用できる内容。全面接官人数分を会社経費で追加購入した。

    他のレビューで書いてあったけど、購入者向けの面接シートは普通にダウンロードできましたよ。

  • 和図書 336.4/I51
    資料ID 20101043303

  • 知り合いの社長から勧められて購入したが、非常に活用できた。自社のこれまでの採用活動がいかに浅はかだったを自覚もできた。著者のメルマガを読みながらさらに勉強中。10年たっても廃れない良本。管理職全員に読ませている。

  • 採用担当者である自分にはとても役に立った。
    読者特典としてダウンロードできる面接シートも会社で活用しているが、
    これがなかなか便利。
    採用担当者であれば、必ず読んでおいた方がよい本

  • 情報が古い。

    ちょっと、著者の会社の紹介が多すぎ。
    会社のサイトに飛んだら工事中でがっかり。
    サイトを作るといいって、古い情報だと思った。
    本を買った人にプレゼント、面接シートっていうのが、ダウンロードでないのもいただけない。

  • 人事採用コンサルタントによる書。

    採用方法などについて、革新的に新しい手法などが紹介されているわけではなく、どちらかと言えばオーソドックスな方法をどのように質的に高めていくかということが論じられている。

    例えば、採用基準を確立する、その採用基準の中に客先に合う人材という視点を入れる、さらにこの視点は総務経理担当者でも同様である、などである。
    結局、人を採用するということは、その人に会社の看板を背負わせてお客様(総務経理では社員がお客様)と会わせるということであり、お客様からの評価が悪ければ会社に利益はもたらしえない。

    奇をてらわず、やれることは何かを洗い出し、それを質的に高めていくことが大切だという考えには共感できる。

    また、各章の最後にまとめがあるのだが、これが本書の内容をうまく要約しており、この部分だけコピーして繰り返し読み、書かれていることを実践できているかチェックするだけでも、大分違ってくると思う。

全11件中 1 - 10件を表示

1週間で会社が変わる!採用の教科書〜絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方〜のその他の作品

稲田行徳の作品

ツイートする