不思議猫の日本史

著者 :
  • グラフ社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766213546

作品紹介・あらすじ

平安でとても文学的だった時代の猫は、やがてペットとして愛玩されるようになって、いつのまにか化けたり、喋ったり…。「枕草子」「源氏物語」そして、江戸、明治-。猫はどのように描かれ、どのような存在だったのか?奇談・異聞集なども交えて、人間と猫の長い歴史を辿る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ねこが日本にやってきた時代から
    日本人が彼らとどう関わってきたかがまとめられている。
    奇譚が面白く読める。
    神秘的な存在ではあったようだが
    西洋の魔女狩りのような残酷な仕打ちがなくてよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

不思議猫の日本史のその他の作品

北嶋廣敏の作品

ツイートする