善良なる異端の街 (GAコミックス)

著者 :
  • Bbmfマガジン
3.92
  • (15)
  • (21)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766334869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『フリージア』が完結してから新刊をずっと待っていたのだが、とうとう出たのがこの短編集。携帯漫画として発信された物をコミックにまとめるという、なんか私にしては新しい形態の本。携帯電話でネットは全くしないのでこれを形態ブラウザで見た時にどうなるのか想像も付かないほど、漫画として違和感はない。

    特に印象に残ったのは、本当はメキシコ辺りを舞台に書きたかったという、古い修道院を舞台にした『カミーラ』で、単純に修道院、と言う単語から連想しただけかもしれないが、ガルシア=マルケスの『愛その他の悪霊について』に雰囲気が似てると思った。内容は全く違う、あくまで雰囲気が。

    あとは、作者が「今一番書きたいテーマ」って言ってた『PARLOR31』かなあ。女子高生が自治会を作って武装してライバル校と抗争したり売春を取り締まったり。一緒に買った『べっちんとまんだら』につながるようなイメージもあったり亡かったり。

    やっぱり私は松本次郎が好きなんだなあ。あの不安定な線、皮膚の裏側がざらつくような不快感と快感の混ざり合ったような世界観。特に短編集ではその感覚がソリッドに現れているような気がする。胸焼けがするような漫画って他にあんまり無いと思う。

  • 『砂漠のフェーデ』ツルギーとアニマの話。基本構造が『トーマの心臓』~『ライチ☆光クラブ』などが詰まっている。全て短編だが、吸い込まれるように読んでしまった。
    松本次郎作品、ちょっとずつ集めて読んでるけど本当に面白い。リアルの生々しさと、滑稽な人間性と、エロと、熟練の職人技って感じがする。

  • 女子攻兵の読み切りみたいのとか割と読めます。

  • 渋谷の漫画サロントリガーにての読了。松本次郎作品はこの作品が初めてでしたが天才だ!!と感じました。皆欲望のままに動き回り、女性も肉便器のようにこき下ろしていますが、ストーリー性がしっかりしていて短編集としてとても良い出来だと感じました。特に個人的に気に入ってる短編集は、『わたしのお父さん』『カミーラ』『遠くの方』です。

  • だだっ広い砂漠にひとつの廃れた塔がたっている
    男の子と女の子みたいな男の子が塔の主で、
    男の子は学校の先生のセックスする様子を
    塔から望遠鏡で覗き見しながらおなにーをして
    女の子みたいな男の子はだだっ広い砂漠で
    苦心して見つけた虫を
    アーモンドのチョコレートみたいに
    ぽりぽり食べながらそれを見てる

  • 京都の行きつけのゲストハウスにて。

    毒々しいけど読んでしまう。救いがあるような内容なお話たち。最後まで読んでみると、最初のおとうさんの話が一番すっきりする系に思えたのも不思議。

  • 松本ジローらしい。女子校兵の元がのってる

  • やっぱりこの人の短編集は面白い。この作品を読んでアリなら他の作品も是非。

  • やはりこの方の本は面白い。飽きない。

  • ノウ………。

全19件中 1 - 10件を表示

松本次郎の作品

ツイートする