福翁自伝

  • 慶應義塾大学出版会 (2000年12月1日発売)
3.71
  • (4)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766408386

作品紹介

福沢諭吉没後100年。激動の近代日本を導いた独立自尊の人。自伝文学の最高傑作。常用漢字・現代かなづかいで読みやすくしました。充実した注で理解を深めることができます。詳細な年表・索引を付しました。

福翁自伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福澤諭吉の自叙伝。
    慶應義塾大学が出版しているだけあって、「福翁自伝」の完成版とも言うべき、充実した注釈と解説が載っている。どうせ読むなら、本書で読むのが一番理解が深まっていいだろうと思う。

    さて、福澤諭吉と言えば、長年、一万円札に肖像が使われていることでお馴染みだが、「じゃあ何の功績が認められて日本貨幣の最高額の人になっているの?」という疑問に答えられる人は、案外少ないのではないだろうか。

    かくいう私も、「諭吉って、学問のすすめを書いた人で、慶応義塾の創始者で、何回か渡米したことがある人」くらいの認識しかなく、イマイチ日本における位置づけが分かっていなかったように思う。

    しかし、本書を読んで「これは凄い人だ」と認識を新たにした。何が凄いって、「諭吉が理解し、翻訳した通りに、明治ひいては現代日本の制度が作られ、日本人が西洋文明(世界)を理解した」というところである。
    はっきり言って、今の私達の世界(制度)の理解の仕方も、諭吉の見た世界の解釈に大きく依っているといっても過言ではないように感じた。

    ほんの一例を挙げると、p.130の要約になるが、
    「外国人が、原書や字引に載せないような当たり前と思っていることが一番難しい。理化学・器械学・工業製作のようなことは、その道の専門でなくても本に書いてあるのを読めば分かる。
    けど、銀行の金の支出入はどうしているかとか、郵便法はどういう趣向にしているか、徴兵令とは何か、選挙法とは、議院とは何か、向こうの人が当たり前と思って本に書かず、尋ねてもただ笑っているようなことが少しも理解できなかった」
    と諭吉は回顧する。当然、諭吉が分からなければ、他の日本人も分かるはずはない。しかし、このお手上げ状態から、諭吉は少しずつ、各国の人達に尋ね自分でも考える中で、理解していったのである。
    そして、ただ理解するだけでなく、理解した内容を「西洋事情」などの本に記し、著書が広く読まれたことで、政府は制度を作り、人々はその制度を理解したようだ。

    もう少し具体的に書いておくと、例えば、英語の辞書を初めて日本に輸入したのも諭吉(p.116)なら、西洋のポリス(警察)事情を諭吉が翻訳して、それを元に明治政府が警察を作っている(p.210)し、演説(スピーチ)を始めたのも諭吉(p.235注①)、日本最初に西洋簿記法を翻訳(p.270注①)しているし、新聞の論説を代筆して世論を国会開設の方へと誘導して一役買った(p.304)のも諭吉と、本当に業績が多岐に渡っている。
    これらはほんの一部であり、ほとんど彼によって西洋の制度が導入され、現代に通じる明治政府の制度が作られたと考えて間違いないようだ。(逆に言うと、明治政府以前と以後の日本は驚くくらい全然違う。福翁自伝の前半部分を読んで貰えればわかると思う)。

    それ故に、諭吉の関心のなかった部分(耶蘇教といった宗教等)は日本人に理解されず、今日に至っているのだろうと思った。もし、諭吉が信仰心に篤く、耶蘇教に興味を持って著書を出版していたなら、今頃日本人の半数くらいはキリスト教信者になっていたんじゃ?と思ってしまうくらい、多大な影響力を持っていたことが窺えた。

    解説(p.323)に、「福澤の長逝後、衆議院が空前の院議による哀悼の決議をした」とあってびっくりしたが、上記のような事を思えば、むべなるかなである。

    最後に、本書で圧巻なのが解説である。福翁自伝の作成法、評価、内容要約、さらに諭吉の解説と、解説のお手本のような立派な解説が載ってある。
    そして、改訂毎の、校注者(現代語訳者)の後書きが書いてあり、最後、「満九十五歳の誕生日に 富田正文 記」で締めくくられていることに胸を打たれた。

    一生をかけるに相応しい著書だと、私も思う。

  • 慶應義塾大学入学者に須く配布される書物のよう。
    幕末から明治にわたる新思想の先駆者として日本の文化を指導した最大の功労者である福澤諭吉(1834~1901)が晩年纏めた自伝。
    古今東西の自伝文学中、最高傑作の一つであるとの定評があるという。
    若い頃は酒好きだったり、やんちゃで悪戯好きだったりと実はユーモラスな部分も書かれており、実に面白かった。

  • 2014/12/29
    図書館より

  • 本編も面白いんですけど、校註が隅々まで行き届いててすごいなって思いました。
    「福沢諭吉→日本(近代)史知識がないと読めないんじゃ?」という敷居を徹底して取っ払って、福沢の偉大さを老若男女に伝えたいんだ、校註者のそんな意気込みが伝わるよう。

  • 請求記号: 289.1||F
    資料ID: 10602943
    配架場所: 工大君に薦める

  • なっといっても一万円の人。わたしの財布は居心地が悪いのかすぐどこかへ行ってしまう。仲良くしたくて本を手にしてみた。幕末から維新の大混乱のさなかに実学として西洋文化を日本に取り込んだ時代の先駆者です。自主独立を生涯貫きとおしたことがよく分かる。諭吉はかなり酒が好きだったらしい。財布に少し染み込ませておこう。

  • 気品の泉源・智徳の模範を兼ね備えた時代の先駆者たれ

  • 読んでいて楽しい。
    言い草が素敵。

  • 福沢諭吉先生の自伝。高校時代から気に入って読んでいます。仮名遣いも整理され、丁寧な注釈も付いているので、その時の時代背景も含めて理解しながら読み進められます。自伝文学の最高傑作とも言われる本書は、福沢諭吉先生の先見力と、何事も後悔しないための強い覚悟が随所で見受けられ、思わず鳥肌が立つほど。個人的には、オランダ語から英語へ移行する過程が感動的。一見難しそうに見えますが、実はユーモアたっぷりの面白い本なので是非読んで頂きたいです。

全8件中 1 - 8件を表示

福翁自伝のその他の作品

福沢諭吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

福翁自伝を本棚に登録しているひと

ツイートする