童蒙おしえ草、ひびのおしえ―現代語訳

著者 :
制作 : 岩崎 弘 
  • 慶應義塾大学出版会
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766412031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1章 生き物を大切にする
    生物の痛みを想像し、人への思いやりを培う。

  • 「童蒙おしえ草」はこどもに話して聞かせ、一緒に考えたい短い物語をたくさん収録したものです。明治時代には実際に小学生の道徳の教科書として使われていたそうです。 「ひびのおしえ」は、福沢諭吉が自分のこどもの教育のために半紙に書き付けたものをまとめたものです。 道徳教育に砕身する姿勢に共感しました。
    なかでも私は、”お天道さまのおきて”という章の決定的な分かりやすさに感動しました。太古の昔より、麦をまけば麦が生える。今良いことをすれば良い結果となり、悪いことをすれば悪い結果となる。昔の世から今まで違ったということはない。すべては天道さまのおきて(自然の節理)ですよ、ということを言われています。
    当たり前のことを説明するのは案外難しいものですが、この話なら子供にも分かりやすく心に響きそうです。
    なぜ親が子に正しい筋道ある生き方を望むのか、すべてはこの章に集約されているような気がします。

  • 「みゝをさらへてこれをきゝ、はらにおさめてわするべからず」

    幼少期にたたきこむべきおしえはこれだ!

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1935~1901年。豊前中津藩(現・大分県中津市)下級藩士の次男として生れる。19歳の時、長崎に蘭学修行におもむく。その後、大阪で適塾(蘭方医、緒方洪庵の塾)に入塾。1858年、江戸で蘭学塾(のちの慶應義塾)を開く。その後、幕府の使節団の一員として、3度にわたって欧米を視察。維新後は、民間人の立場で、教育と民衆啓蒙の著述に従事し、人々に大きな影響を与えた。特に『学問のすすめ』は、17冊の小冊子で、各編約20万部、合計で340万部も売れた大ベストセラー。その他の著書に『西洋事情』『文明論之概略』『福翁自伝』など。

福沢諭吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする