HRMマスターコース―人事スペシャリスト養成講座

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766412079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HRM周辺の知識の整理用。網羅性が高い。実務よりは大学研究者向け。少ないページでみっちり書いてあるので、本分野の経験が少ない私だと、記載の言葉や実務例との関係がイメージつきにくく、余り頭に入らなかった。

  • 参考文献として…
    第21章ワークストレス

  • 人事制度の体系的学習。

    人事制度の歴史から現在に必要とされるHRMの概念まで。

    思うのは、

    実際にある会社に入り、

    ある人事制度に触れている状況で、

    この知識をどう生かすかが大事なこと。

  • 2009/09/21 仕事用 読了

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授。日本能率協会マネジメントセンターで月刊誌「人材教育」編集長を歴任後、英国に留学。リーズ大学修士課程(MA)、バース大学博士課程修了(Ph.D.)。著書に『戦略人事論:競争優位の人材マネジメント』(日本経済新聞社、2010年)、『日本型賃金制度の行方:日英の比較で探る職務・人・市場』『HRMマスターコース:人事スペシャリスト養成講座』(慶應義塾大学出版会)、『「日本型」戦略の変化: 経営戦略と人事戦略の補完性から探る』(東洋経済新報社、編著、2015年)、『流通業のためのMBA入門:リーダーに求められる視点を学ぶ』(ダイヤモンド社、共著、2013年)など。

「2018年 『組織行動 理論と実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須田敏子の作品

ツイートする