人造美女は可能か?

著者 :
制作 : 巽 孝之  荻野 アンナ 
  • 慶應義塾大学出版会
3.59
  • (7)
  • (9)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766413014

作品紹介・あらすじ

人造美女。それは理想の女性-。彼女たちは、どこから来たのか?彼女たちは、どこへ向かうのか?精鋭の10名が、美女たちの魅力、神秘、歴史、誕生に迫ろうと、文学における自身の専門分野からあますところなく論じた人造美女解体新書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アリカ嬢の『ゴスロリ≠メイドorコスプレ』論やアリスへの見解は、好事家及びゴスロリ愛好家の自分にとってまさに「言ってくれた!」というものだった。

  • 一番の収穫は、マラルメ。

  • 10人の著者が各々ピグマリオン神話からホフマン『砂男』を始め、マラルメ、ヴェルヌ、ルーセル、ポオ、リラダン、映画『メトロポリス』、ゴスロリを身に纏う少女、恋月姫の球体関節人形、バービー、エヴァンゲリオン、イノセンスといったテーマから「人造美女」という志向性を見出した論考集だが、浅かったかな、という印象。これだけは言わせて。エヴァは「ロボット」じゃないし、草薙素子はバトーの「元恋人」じゃないから。ワタシにとって「人造美女」は『未来のイヴ』のハダリー、SFのアンドロイド達、そして球体関節人形。

  • ぶっちゃけムズい。
    でも何度も読み返してしまう。

  • アリカ様がゴスロリについて述べています。
    表紙は恋月姫さん。
    なぜか学校の図書館にあったので借りました。
    自分でも購入しようかと検討中です。

  • アリカさん関連ということでチャレンジしたわけですが、なかなかきつかったです。今思えば、ここからマラルメの名前をしったりしたのだなぁと。結構世界が広がったので、また機会があったら挑戦したいものの一つです。

  • 普通に面白かった。特に宝野アリカ氏のアリス論(?)に感動。しかし人形・フィギア・おたくのお決まりの関連付けはあまりいただけない感じ

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

たつみ・たかゆき
慶應義塾大学文学部教授。
1978年、上智大学文学部英文学科卒業。
1983年、同大学院博士課程を単位取得満期退学。
1987年8月、コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。
専門のアメリカ文学、現代批評理論を中心に著訳書多数。

「2018年 『上智英文90年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

巽孝之の作品

ツイートする