市民社会と地方自治 (叢書21COE‐CCC多文化世界における市民意識の動態)

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766414066

作品紹介・あらすじ

岐路に立つ地方自治を、自民の手に取り戻す方法とは?元・鳥取県知事として型破りな改革を行った著者が、税制を中心に「納税者の視点からの」自治体改革を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <内容>
    市民社会と地方自治というタイトルから予想していた物とは異なり、主に「税=市民が負担する」という観点から地方政府がどうあるべきか、市民がどう参画するかという議論がなされていたと思われる。

    片山さんが書いていたので期待して読んでいたが、防災・自治体改革以外については期待はずれ。

  • 元鳥取県知事、元総務大臣で現在慶応大学の教授をやられている片山善博氏の著作。地方自治体の財政悪化を議論のスタートにして、その原因を地方議会の機能不全と中央地方関係が依存していることとしたうえで、それをどう克服するかということについて書かれている本。
    この本の主張には強く共感を覚えたものの、かなり劇的な改革の必要性も感じ、多くの課題が山積していると思った。今の地方自治に足りない、あるいは改善すべき課題を取り上げ、それに関してどういう方向で改善するかが記されている。課題も改善策も的を得たものである。
    いい本だと思うが、不満に思った点を強いて挙げるとその構成にある。筆者の主張とは関連するものの、税制についてかなり細かい解説がなされ、それが本書の目的からすると過剰に感じるほどであった。これに関してはここで述べるのではなく、別の文献で取り上げた方がいいのではと感じた。

  • 元鳥取県知事の著者による地方自治論、なのだが、まあ読んでみて驚いた。このタイトルからは全然想像もつかないことに、なんと(序章・終章を除く)全9章のうち実に6章が、地方税に関する記述で占められているのである。
    http://d.hatena.ne.jp/hachiro86/20071215#p1

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

片山 善博(かたやま よしひろ)
慶應義塾大学法学部教授. 1951年生まれ. 東京大学法学部卒業. 自治省入省後, 能代税務署長, 鳥取県総務部長, 自治省府県税課長, 鳥取県知事などを経て, 2008年4月より慶應義塾大学法学部教授. 併せて鳥取大学客員教授. 2010年9月より2011年9月まで総務大臣. この間, 地方制度調査会副会長, 中央教育審議会臨時委員, 財政制度等審議会臨時委員, 日本弁護士連合会市民会議議長, 日本司法支援センター(法テラス)顧問, 角川文化振興財団城山三郎賞選考委員, 文部科学省子どもの読書サポーターズ会議座長, 日本図書館協会認定司書審査会審査委員などを務める.

片山善博の作品

ツイートする