欧州公共圏: EUデモクラシーの制度デザイン

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766414240

作品紹介・あらすじ

EUによるガバナンスをどのように正統化するのか。その問いに対する1つの解を筆者は「欧州公共圏」に見出している。EUは、国民国家の上位に、国家を単にスケールアップするのではない、「新たな政体」を創り上げつつある。そこでは、市民社会の多様なアクターがEUの政策プロセスへの参加を促されている。文化的多様性を維持しつつ、欧州市民としてのアイデンティティを確立させていくことへのEUによる挑戦の軌跡が丹念に綴られている。

著者プロフィール

立命館大学教授

「2013年 『EUとグローバル・ガバナンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安江則子の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×