イノベーション創発論―セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦

著者 :
  • 慶應義塾大学出版会
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766415513

作品紹介・あらすじ

イノベーションを100%コントロールすることはできない。しかし、100%コントロールできないわけでもない。この狭間から、マネジメントはどこへ向かうべきか…?エプソンが取り組んだ3つの組織変革と1つの成功事例を通して、イノベーションの本質とは何か、イノベーティブなマネジメントとは何かを考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イノベーションが起きるのに必要なのは自律的な人、環境、自律を誘発する制度やマネジメントということかな。
    全体的に何を言いたいのかよくわからなかった・・・
    人事制度とかをそんなに細かく説明されても・・・

    人事制度やなんやかんやより、EMP-TWD1が製品化されたとき、担当者や周りの人や上司や関係部署が、具体的にどんな行動を起こして、どのようにプロジェクトが進行したのかをもっと具体的に知りたかった。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1952年、岩手県盛岡市生まれ。幼稚園から高校までを仙台で過ごす。74年、明治大学文学部卒業後、音楽業界誌の『ミュージック・ラボ』に入社。77年からシンコーミュージックで甲斐バンドのマネージャーを担当、後に独立。88年から2008年まで、ファイブ・ディー代表として、ザ・ブーム、宮沢和史、ヒートウェイヴ、中村一義、小野リサ、ハナレグミなどのプロデュースを行う。08年、ファイブディー・ラボを設立。「日本の音楽を世界に」を目指し、由紀さおり、マルシアらをプロデュース。作家・コラムニストとしても活動。著書に『上を向いて歩こう』『「黄昏のビギン」の物語』がある。

佐藤剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野中 郁次郎
J・モーティマー...
ジェームス W....
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする